バック
  |  

Blue Prismは公共セクターにおける世界トップレベルのデジタル ワークフォースの採用を促進

連邦・州・地方政府機関は、追加のリソース、パートナー、専門技術および商業レベルのセキュリティ標準の強化による業務改善メリットを享受

ロンドンおよびオースティン(テキサス州) – 2018314 — 世界で大きな成功を収めているデジタル ワークフォースのプロバイダBlue Prism(AIM: PRSM)は本日、連邦・州・地方政府機関でのRPA(ロボティック プロセス オートメーション)の迅速かつ容易な導入を目指した新プログラムを発表しました。これにより、公共セクターでの事業展開を強化します。この新たな取り組みにより、AppianDeloitteEYIBMKPMGなどのBlue Prismのトップ パートナー企業は、各政府機関による業務コストの削減を図りつつ、業務効率や各種サービス水準の改善/向上の実現を支援することができます。またBlue Prismでは、付加価値を創出する主要な販売企業としてimmixGroupとの契約を締結しており、同社の協力により公共セクターの顧客にデジタル ワークフォースを提供しています。

McKinsey & Companyは、2030年までに全世界で労働時間の30%を自動化できると予測しています。RPAは、連邦政府の高い関心を集めている自動化テクノロジの1つです1。各連邦政府機関は、厳しい予算の制約に直面する一方で、業務量は増大し、国民の期待が高まる中、公共セクターにおけるRPAのビジネスチャンスは、かつてないほど高まっています。この理由により、Blue Prismでは、アメリカ国防総省(DoD)をはじめとする政府管理省庁など、州政府機関における業務効率の促進を図るため、KPMGなどのチャネルパートナー企業と協業しています。

 「KPMGは、連邦・州・地方政府機関でのデジタル トランスフォーメーションを最前線に立って推進しています」と、KPMGのGovernment Intelligent Automation担当ヘッドであるKirke Everson氏は語っています。「Blue Prismとの協力体制により、特にセキュリティやガバナンス方針に基づいて、これら政府機関に特有のニーズに対応する一方、手間のかかる繰り返し作業の自動化を支援しています。たとえば、これらにはDoDや各政府管理省庁などの経過期間レポートの作成、ベンダー管理、出張および財務管理業務などの自動化が含まれます。」

Blue Prismのデジタルワーク フォースは、常に変化する規制に機敏に反応するためのツールを、公共セクターの各機関に提供します。「デジタルワーカー」としても知られる、さまざまなスキルを備え、自立したソフトウェア ロボットが、ミスなく、ルールベースの事務処理を正確にこなすことで、政府機関の職員は国民/市民のニーズ対し、より質の高いサービスの提供に集中できます。またBlue Prismでは、業界標準として認められているHIPAA、PCI 3.2、Veracode等のセキュリティ規格をサポートすることで、RPAマーケットにおいてもリーダー的存在となっており、同時にユーザは、Amazon、Google、IBM、Microsoftなどのベンダー企業の最先端AI(人工知能)、機械学習、解析、クラウド ケイパビリティを活用することができます。

2017年、Blue PrismはMITテクノロジ レビューの最もスマートな企業50社に選ばれたほか、2017 UKテック アワーズの受賞者として表彰されました。この1年間で、定評のあるブランドが顧客リストにいくつも加わりました。AIG、Alberta Treasury Bureau、Allstate Insurance、Bechtel、Boeing、DeNA、DTE Energy、Dun & Bradstreet、Ericsson、Fannie Mae、GIC、Honda Motor Company、Kaiser Permanente、KBL Bank、Maybank、National Grid、Schroders、Sony Pictures、United Utilities、Walgreensなどです。また、Knowledge Capital Partnersが独自に実施した顧客調査では、Blue Prismは96%という最高の顧客満足度評価を得ました(レポートはこちらからダウンロード)。Blue Prism顧客調査において目立つのは、プラットフォームの適応力、スケーラビリティ、セキュリティでの満足度、さらに従業員満足度です。

 パートナーからのコメント

「AppianとBlue Prismでは、ヒトとロボットのワークフォース間の業務パフォーマンス最適化のための高速かつ強力なツールである、インテリジェント オートメーション ソリューションを提供しています。最先端のRPAとコーディングをほぼ必要としない開発プラットフォーム上での業務プロセス管理の一体化を通じて、公共セクターにおける業務合理化とコスト削減を支援しています。」

Appian公共セクター部門バイスプレジデント、Francois Dunoyer

「過去数年間にわたりDeloitteでは、顧客である州政府機関に対して、本番環境へのソフトウェア ロボティクスの採用を促してきたことにより、エンタープライズ全体でのツールに対する需要が伸びています。Blue Prismが備えるケイパビリティにより、お客様にセキュアかつスケーラブルなソリューションの提供ができ、この高まるニーズに対応できています。」

Deloitte Consulting LLPプリンシパル、US Federal Robotics and Analyticsリーダー、Marc Mancher

「公共セクターでは、常に一般市民からの期待が大きく、継続的な予算の制約や新たな政策主導権への適応など、大きな課題が山積しています。公共セクターのスタッフは、市民重視の精神に基づいて勤務しているものの、しばしば旧式なシステムや業務プロセスがその障害となっています。RPAとデジタルおよびAIテクノロジと連携した、RPAにより、公共セクターのスタッフが日常的で重要性の低い繰り返し作業から解放され、より戦略的かつ生産的な業務に集中できるよう支援できると確信しています。テクノロジこそが、国民/市民の主要なニーズを満たし、より良い成果を達成するための鍵だと考えます。」

EYEMEIA Robotic Process Automationリーダー、Financial Services OrganizationChris Lamberton

「IBMは、引き続き公共事業へのサービス提供にコミットし、連邦・州・地方政府機関のデジタル改革をその最前線で推進しています。Blue Prismとのパートナーシップにより、これら政府機関の組織全体におけるニーズ(特にセキュリティやコンプライアンス関連)に効果的に対応することで、その立場はさらに前進しました。RPAは、公共事業に対し多大な影響を与えています。また、当社のお客様に有意義な変革を提案する上で、業界リーダーであるBlue Prismとの業務協力に心より満足しています。」

IBMPublic ServiceProcess Automationリーダー、Jason Prow

Blue Prismについて

RPA(ロボティック プロセス オートメーション)のパイオニア、イノベーター、市場リーダーとして、Blue Prismは世界で最も有効なデジタル ワークフォースを提供します。Blue Prismのソフトウェア ロボットは、間違いが許されない、マニュアル操作を伴う、ルールベースの繰り返し作業を自動化できるため、スピード、効率、精度、コンプライアンスの徹底を図ることができます。

Blue Prismは最先端のAIおよびコグニティブ テクノロジを実現するためのスケーラブルで堅牢な実行プラットフォームを提供しており、Fortune 500社が選ぶ信頼できるセキュアなRPAプラットフォームとして認知されるようになりました。Aegon、BNY Mellon、Commerzbank、IBM, ING、Maersk、Nokia、Nordea、Procter & Gamble、Raiffeisen Bank、Siemens、Westpac、Zurichといった有名企業で、Blue Prismのロボットが何十億というトランザクション、何億時間にも相当する作業を実行しています。Blue Prism(AIM: PRSM)の詳細については、www.blueprism.comをご覧ください。また、LinkedInおよびTwitterでBlue Prismをフォローしてください。

 

Media Contact
Andre Fuochi
Blue Prism
Mobile: +1-469-394-7274
andre.fuochi@blueprism.com

 

1Jobs Lost, Jobs Gained: Workforce Transitions in a Time of Automation(「Jobs Lost, Jobs Gained」オートメーション化時代における労働力の推移)、McKinsey Global Institute社、2017年12月