Comparing-blue-prism-connected-rpa-to-competition

Connected-RPAの違い

Connected-RPA、RPA、RDAを比べてみる

RPAには多数の製品がありますが、企業全体のデジタル変革のためのスケーラブルな基盤を構築できるのはConnected-RPAだけです。

Enterprise-grade-rpa

自律型オートメーション、エンタープライズレベルのConnected-RPA

  • コーディングが不要なため、ビジネスリーダーは市場のニーズにリアルタイムで対応可能
  • 世界レベルのセキュリティが組み込まれているため、IT部門は信頼性の高い管理業務を遂行可能
  • プロセスのコーディング、再コーディング、再レコーディングは一切不要。ITチケットを待たずに市場のニーズに対応可能
Attended-automation-rda

アテンド型オートメーションRDA

  • レコーディングして再生する戦略的な自動化
  • 例外や変数を使用しない短くて単純なコーディング
  • デスクトップからシステムをナビゲートするため、接続性が限定的
Assisted-rpa-icon

アシスト型オートメーションRPA

  • 複雑で長いコーディングによる自動化
  • デスクトップとオープンAPIからシステムにアクセス可能
  • アップデート、アップグレード、またはどのような変更に対しても、システムを利用するすべてのプロセスオブジェクトに再コーディングが必要

拡張不可能なアテンド型オートメーション

Automation Anywhereのようなアシスト型オートメーションのソリューションはすばやく稼働させることができますが、サードパーティ製システムのインターフェイスが最初の「レコーディング」の状態から変更されると、そのたびに完全に停止します。たとえば、ログインフィールドを移動すると、問題が発生します。チェックボックスを新たに追加しても、問題が発生します。さらに、同じプロセスで100台のマシンを実行すると100個の問題が発生するため、レコーディングをやり直す必要が生じます。このように再レコーディングをしていたのでは、変わり続ける市場の動きには対応できません。

Recorded Desktop Automation (RDA)

Providers similar to Automation Anywhere & UiPath Recording
  • Avoids IT
  • Easy to start and build, impossible to truly scale
  • Kills the robot when a basic Web UI changes
  • Lacks security and compliance allowing Users to change logs
  • Designed for desktop use
  • Everything is bolted on

Blue PrismのConnected-RPAの主な差別化要因

Blue Prism、UiPath、Automation AnywhereなどのRPAプロバイダーは、似通っていてもそれぞれ個性のあるRPAソリューションを提供しています。お客様のビジネスの長期的なデジタル戦略に最も適したソリューションはどれでしょうか。

• コーディングを任意に選択できる自動化やAIを利用するビジネスユーザー向けの設計

• 事業部門とIT部門での制御の容易さと拡張性

• セキュリティ、コンプライアンス、否認防止機能を実現するために実装された世界レベルのセキュリティ

• システムの変更が環境やプロセスライブラリ全体に行き渡り、プロセスの破綻が発生しない

• 短時間で成果が得られ、持続可能な成長戦略にも対応したユニークな実装アプローチ、Robotic Operating Model(ROM®)

さらに、Blue PrismはRPA開発を行う唯一の上場企業です。つまり、弊社は投資家の利害の枠外で自由にイノベーションを推進することができ、公的な主張のベースとなる事実に対して説明責任を負います。

市場はIT部門のチケット処理業務を待ってはくれません。Connected-RPAは、ビジネスの成長に合わせて市場のニーズに応えるための機敏なイノベーションを促進します。

Blue PrismのConnected-RPAは、ビジネスリーダーがAIをいつでも利用できる唯一のソリューションです。コーディングを行わず、プロセスオブジェクトを繰り返し再利用して、オンデマンドですべてをアップデートすることができます。

Blue Prismのビジネス主導型のConnected-RPAプラットフォームは、簡単なドラッグ&ドロップ操作によって、AIを使った自動化テクノロジーに即座にアクセスできるビジネスユーザーの鋭敏な起業家精神を育みます。

Connected-RPAなら、ビジネスリーダーはパワフルなAIと自動化テクノロジーを利用して目標とする結果に好ましい影響を与えることができ、起業家精神に溢れたコネクテッドイノベーション企業を築くことができます。

弊社の考え方はいたってシンプルです。インテリジェントオートメーションは、最先端のクラウド、AI、認知機能に簡単にアクセスして利用でき、高いアジリティと競争力を備えたコネクテッドイノベーション企業を築きます。これがConnected-RPAであり、お客様のビジネスの流れを大きく変えるソリューションであると考えます。

Additionally:

  • Only Blue Prism allows business users with no-coding experience to build innovative automations and to address changes, variables and exceptions on demand
  • Connected-RPA helps overcome obsolescence by providing access to best-in-class technologies
  • Connected-RPA links the talent in our customer organizations to the industry’s largest partner ecosystems through our Digital Exchange “app store”

市場での競争力を高めるBlue Prismの差別化要因

Blue PrismのConnected-RPAの差別化要因
市場の基準
Blue Prismのユーザーは、ITの介入なしに複雑なタスクを構築できます。
UiPathのようなRPAソリューションには、C#や.NETのコーディングに関する広範な知識が必要です。
Blue Prismの実装では、安定性と拡張性を念頭に置いてRPAの基盤を構築するため、実績のある総合的な七柱ROMが利用されます。
競合他社のAutomation AnywhereやUiPathなどは、実装の早さにおいてはBlue Prismに勝っています。
しかし、Blue Prismの総所有コストは最小です。
セットアップ、起動、メンテナンスにおいて記録ボタンやコーディングの経験に依存するRPAソリューションは、時間が経過するとConnected-RPAよりコストが高くなります。プロセスのダウンタイムや逃した機会など、事業費以外のコストを含めると、このようなRPAソリューションのコストはさらに高くなります。
Blue PrismのConnected-RPAはデジタルワーカーをプロセスから分離するため、最も容易に拡張できる自動化プラットフォームです。これにより、アジリティの高い自動化が実現され、スムーズな成長につながります。
他のRPAソリューション、特にUiPathやAutomation Anywhereなどのプロバイダーが提供するRDA方式のソリューションはプロセスとソフトウェアロボットが1つであるため、同じレベルの柔軟性や拡張性を備えていません。
Blue Prismは、他のRPAソリューションに比べてセキュアなソリューションです。その理由は、デジタルワーカーが独自のシステムログイン情報を所有し、システム内で自律的に動作するためです。
安全性の低いRPAソリューションでは、通常、ソフトウェアロボットと人間がログイン情報を共有するため、監査証跡における信頼性や精度が低下し、システムデータが外部の脅威に晒されます。
Blue Prismは否認防止機能を備えた鉄壁の監査証跡を提供します。このプラットフォームでは、人間とデジタルワーカーのユーザー名からIPアドレスまで、システム内で実行されたすべてのアクションのあらゆる詳細データが自動的に記録され、安全に保管されます。これらの記録は、違反や不遵守の問題が発生した場合に、訴訟の場で利用することも可能です。
他のRPAプロバイダーは人間とソフトウェアロボットのログイン情報を共有する必要があるため、監査証跡の信頼性は低くなります。また、このようなセキュリティ機能は統制の厳しい一部の業界を対象として構築されることが多いため、多くのグローバル企業にとっては知識とリスクの間にギャップが存在することになります。
閉じる