インテリジェント オートメーション Blue Prismのビジョン

高知能ロボット構築
インテリジェントで統制が容易、つながってるデジタルワークフォース

デジタルテクノロジは、企業によるサービス提供戦略の実施や顧客体験の創造に、大きな変化をもたらしました。

テクノロジによって、無数のチャネルを提供したり、前例のないほど高水準のサービスやカスタマイゼーションを提案できるほか、事業成果を加速化できる可能性が生まれ、グローバル ビジネスの想像力をかき立てます。デジタル戦略の実行には、複雑さが伴うことがあります。デジタル化に向けては、長年にわたり進化してきた、根本的に異なるアプリケーションやレガシー システムの混在などの問題が存在しています。

また、社内固有の知的資産も、アクセスできなかったり、断片化していたりします。業務手順は、国内外のコール センターやサービス センターに散在しているため、デジタル戦略の骨子をまとめるための知識や手順が文書化されておらず、手動で引き継がれていることが多いようです。

この課題に取り組むことが、トランスフォーメーション(従業員の知識を基盤としたワークフォース中心のアプローチを、顧客中心のデジタル戦略に方向転換するために企業がなすべきこと)の第一歩です。

未来のデジタル ワークフォース

Blue Prismのビジョンは、リアルタイムで人間と協力する、生産性、適応力、スケーラビリティ、セキュリティに優れたデジタルワークフォースを編成することです。それによって、ミッションクリティカルなビジネス アプリケーションを効果的かつコスト効率良く実行し、経費削減と利益追及の機会を特定します。同時に、インテリジェント オートメーションを通じて、企業のデジタル トランスフォーメーションを推進します。

さまざまな企業の有能な従業員を、柔軟で多面的かつ多才なデジタルワークフォースで補完することをBlue Prismは目指しています。各業務のリーダーが、デジタルワーカーに業務遂行に必要な業務の流れや課題、知見を教え込むことができるようにすることです。

業務チームにテクノロジの基盤を提供することで、知識はデジタル化され、生産性は向上し、デジタル オートメーションに向けたビジネス主導型のフレームワークが出来上がっていきます。このフレームワークによって、従来のテクノロジ プログラムと同時に、運用の機敏性、精度の向上、スピードとコンプライアンスへの確保が可能になります。

生産性

適用性

拡張性

安全性

賢いロボットの6つのインテリジェント オートメーション技術

ソフトウエア ロボットにインテリジェント オートメーション技能を与える取り組みを続けている理由 ― それはデジタル、コグニティブ(認知)スキルが企業のテクノロジ活用方法を変革し、真の機敏性が実現されるからです。Blue PrismはAIのパワーを活用いただくため、そしてデジタル ワークフォースが備えるポテンシャルにパラダイムシフトをもたらすことができるよう、先進のRPAプラットフォームとテクノロジ アライアンス プログラム(TAP)を結集しています ― 繋がっているデジタル エンタープライズの新たな幕開けです。

これら6つのインテリジェント オートメーション技能によって、運用における真の機敏性を実現するための、テクノロジ活用方法が変わります。詳細については、各タイルをクリックしてください。

知識と知見

さまざまな情報源からのデータを取り入れ、それを理解し、有用な知見を得る能力。

プランニングと優先順位付け

仕事量を最適化し、事業成果を高めるための機会を見いだす能力。

視覚認識

視覚情報をデジタルで読み出し、理解し、説明する能力。

問題解決

論理的課題、業務上やシステム上の課題を、人間の介在なしに解決する能力。

コラボレーション

事業プロセスをシームレスに実行するために、同じシステム内で人間と一緒に働く能力。

学習

進化するプロセス パターンに適応し、データセットから文脈の意味を読み取る能力。

インテリジェント オートメーション Blue Prismのビジョン

6つのインテリジェント オートメーション技術

各産業において、圧倒的な勢いで押し寄せているデジタル化とオートメーションの波が、従来の市場戦略での競争力に変化をもたらしています。各企業が競争力を維持するには、この波に乗り遅れないよう、よりスマートに、より素早く対応しなければなりません。

オートメーションだけでは不十分です。その上に、AI、機械学習、感情分析といったコグニティブ テクノロジが構築できるような、インテリジェント オートメーションの基盤が必要です。

さらに、コグニティブ インテリジェント オートメーション 技能を備えた、インテリジェントかつ統制が容易で、つながったデジタルワークフォースが自動化環境で真の成長を促進するのです。

解説画像(英語)をダウンロード

Blue Prismがデジタルトランスフォーメーションの扉を開く

Blue Prismは、業務主導型のテクノロジ フレームワークを確立して、デジタルトランスフォーメーションの扉を開きます。そのフレームワークによって、作業の流れを明確にし、現在コールセンターやバック オフィスに隔離されているプロセスの実行が可能となります。

効率よく人間と共同作業を行うためには、同僚が期待するスキルや能力を発揮できるよう、デジタルワーカーはあらかじめインテリジェンスを身に着けておく必要があります。デジタルワーカーは、顧客を理解し、トレンドやパターンに関する知見を把握するほか、プロセスや顧客の変化に応じて、学習・進化し、社内の同僚とのコレボレーションも円滑に行う必要があります。