placeholder background image
2018年03月30日

富士通と英Blue Prism、エンタープライズ領域のRPA分野でグローバルに協業することで合意

Share
Twitter Twitter Twitter Twitter

富士通と英Blue Prism、エンタープライズ領域のRPA分野でグローバルに協業することで合意

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)とBlue Prism Group plc(本社:英国ロンドン、CEO:Alastair Bathgate、以下 Blue Prism)はこのたび、RPA(注1)分野においてグローバルで協業することで合意しました。
近年のデジタル革新の中で、生産性・品質向上を目的とした業務の自動化に対しRPA活用が注目され、個々の業務でのPoC(概念実証)から本格的な導入、さらには全社規模の自動化がはじまっています。

このたび、RPAソリューションのさらなるニーズ拡大を見据えて、富士通とBlue Prismは、RPA分野においてグローバルで協業することで合意しました。両社は、本協業により、グローバルにおいて特にエンタープライズ領域の大規模システムへの実績があるBlue PrismのRPAソフトウェア「Blue Prism」を、富士通のAIなどの最新技術の適用や、共同ソリューション企画・提案・PoCなどを通じて、欧州、北米、日本などのお客様のRPA活用の立ち上げと運用定着・拡大の仕組みづくりを支援していきます。

Blue Prismについて
Blue Prism(AIM: PRSM)は、エンタープライズ向けのRPAソフトウェアを提供する英国大手のRPAベンダーです。2017年にBlue Prismは、MIT Tech Reviewにて最も賢明な50社に選出され、2017 UK Tech awardsを受賞、2018年のEverest ResearchのPEAK Matrix AssessmentレポートではRPAのマーケットリーダーとして認知されました。現在、様々な企業がBlue PrismのRPAソフトウェアを導入し、数十億件に及ぶ処理や数億時間分の作業が代替実行されています。Blue Prismは、金融、エネルギー、通信、保険、物流、BPO、医療、製造業など、広範な業種業界に適用できるRPAソフトウェアを提供しています。

【 商標について 】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【 注釈 】
(注1) RPA : Robotic Process Automation。これまで人間が行っていた定型作業をソフトウェアロボットが代替することで、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取り組みを行うことである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。

<本件に関するお問い合わせ先>
富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話:0120-933-200
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Blue Prism株式会社
営業部
電話:03-5404-3835

Blue Prismについて

新規参入企業が市場を変革させることも珍しくないこのデジタル時代に生き残り、成功できるのは、状況に応じて的確かつ迅速に対応し、革新を進める企業だけです。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を世界に先駆けて開発してきたBlue Prismは、信頼できる安全なインテリジェントオートメーションとしてフォーチュン500に名を連ねる企業や公共機関に採用されてきました。そして今、Blue Prismは、企業のデジタルイノベーターが更なるイノベーションの力を得られるようDigital Exchange(DX)アプリストアがサポートするconnected-RPA(コネクテッドRPA)を提供します。


Blue Prismのconnected-RPAはミッションクリティカルな業務の自動化を可能にし、従業員がよりクリエイティブで意義ある仕事に専念できるようにします。現在、1,300社を超える主要企業のお客様がBlue Prismのデジタルワークフォースを活用しており、その結果、数億もの時間をビジネスに還元しつつ、何十億もの処理の自動化が実現されています。


Blue Prism(AIM:PRSM)の詳細は、www.blueprism.com/japan をご覧ください。また、Twitter@blue_prismLinkedInでBlue Prismをフォローしてください。

最新情報

Pulse-Online-July-Upgrade-Thumbnail-440x308px
ウェビナーのお知らせ

Upgrade strategy: how to successfully implement and run the latest version of Blue Prism

Upgrading Blue Prism in an enterprise-level and production environment isn’t a task that should be undertaken lightly - and success is almost entirely...

Register Now
AI_Breakthrough_Awards_2019_Blue-Prism
ニュース

Blue Prism、2019年度Artificial Intelligence (AI) Breakthrough Awardを受賞

2019年度のAI Breakthrough Awardsプログラムで2年連続「Best Robotic Process Automation (RPA) Company」の称号を受ける

続きを読む
Daiichi life picture3
事例

メンテナンス性、安定性、堅牢性に優れたBlue Prismを採用し、CoE 方式で、3000 業務、45万時間の削減を目標に、RPAの全社展開に役立てる

メンテナンス性、安定性、堅牢性に優れたBlue Prismを採用し、CoE 方式で、3000 業務、45万時間の削減を目標に、RPAの全社展開に役立てる

続きを読む
Close