Image Blueprismworld
2017年06月10日

Blue Prism「デジタルワークフォースのオペレーティング・システム」を発表

Share
Twitter Twitter Twitter Twitter

Blue Prismのエンタープライズ「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」プラットフォームは世界で最も成功したデジタルワークフォースを提供し、最上級のクラウド、認知、人工知能技術へのアクセスを加速

本日、ニューヨークで開かれたBlue Prismワールドで、Blue Prismは550以上の顧客、提携先、業界の有力者で満員のコンファレンス会場で、同社の主力商品である「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」ソフトウェアプラットフォームの最新版を発表した。この最新版は、Blue Prismの顧客が頼りにしている、監査、セキュリティー、コンプライアンスの最高レベルの要求事項を満たしつつ、より高い柔軟性とスピードをもたらす。最も特筆すべきは、最先端のクラウド、人工知能性能を組み込んだ配備を可能にし、企業内での認知性能の配備と生産性を高める点である。

Blue Prismの新しいデジタルワークフォースのオペレーティング・システムは10年以上のソフトウェア開発と世界270社以上の顧客企業から得られた知見を活用している。同ソフトウェアは業界で最も生産性の高いソフトウェアロボットを提供するために設計された統合的で、最上級のオートメーションプラットフォームを提供する。さらに、人工知能、認知性能のための「インテリジェントエクセキューション」プラットフォームを提供しつつ、取引を自動化、最適化することでオペレーティングシステムのような機能も果たす。

「この最新版でBlue PrismのエンタープライズRPAソフトウェアの事実上のスタンダードとしての地位は、特に、金融、保険、医療、通信、小売業等の規制の厳しい業界において、より強固なものになるでしょう。」とBlue Prismの共同創設者で最高技術責任者のDave Mossは述べた。「弊社のソフトウェアロボットは、オペレーティングシステムのように、取引実行とプロセス オートメーションを提供します。オートメーション以上のものの土台となりつつあるのです。つまり、エンタープライズ レベルの次世代アプリケーションの構築の土台となり、人工知能がもたらしてくれるであろうものを現実にしているのです。」

Blue PrismのRPAプラットフォームの主要な改善点は下記の通りである。

  • トップのクラウドサービス ベンダーからの提供: 顧客はIBM、AWS、Googleといった主要なクラウドサービス提供ベンダーと取引をし、Blue PrismのRPAソリューションをサービスとして提供してもらうことが可能である。
  • AI(人工知能)、コグニティブへのアクセス: 顧客はAppian、Captricity、Celaton、Expert System、IBMそしてMinitを含むBlue Prismの提携先との協調体制を活用し、AIを取り入れた最善のソリューションを構築できる。
  • より迅速なRPAの配備: それぞれのソフトウェアロボットの生産性を高めるため、アプリケーションのGUIと連動するオートメーションを構築する。
  • より高い柔軟性: 日本語を皮切りにした多言語ユーザーインターフェース性能が複数言語の管理、拡張、サポートを促進する。
  • より多くのセキュリティーオプション: グループベースの許可機能がオブジェクト、プロセス、リソースグループへのユーザーアクセスを制限し、監査、コンプライアンス手続きを強化する。
  • 性能と拡張性の向上: 集中型のレポートと分析システムがランタイムリソースとソフトウェアロボット利用割合のより簡潔な情報を提供する。

「このBlue Prismのオートメーションプラットフォームの最新版は提携先の新しいソリューションやサービスへのアクセスを加速させながら、エンタープライズがプロセスのデジタル化を続けていけるように、既存のRPAプラットフォームの性能を拡張したものです。これらのソフトウェア ロボットは業界や地理的な境界線を超えて機能し、新興のデジタルワンオフィスの運用体制のデジタルアンダーベリーを支えます (リンク参照)。簡潔に言うと、より賢い働き方なのです。」と、有力なRPAとデジタル レイバーのアナリスト企業であるHfSのCEO、Phil Fershtは語る。

Blue Prismについて

新規参入企業が市場を変革させることも珍しくないこのデジタル時代に生き残り、成功できるのは、状況に応じて的確かつ迅速に対応し、革新を進める企業だけです。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を世界に先駆けて開発してきたBlue Prismは、信頼できる安全なインテリジェントオートメーションとしてフォーチュン500に名を連ねる企業や公共機関に採用されてきました。そして今、Blue Prismは、企業のデジタルイノベーターが更なるイノベーションの力を得られるようDigital Exchange(DX)アプリストアがサポートするconnected-RPA(コネクテッドRPA)を提供します。


Blue Prismのconnected-RPAはミッションクリティカルな業務の自動化を可能にし、従業員がよりクリエイティブで意義ある仕事に専念できるようにします。現在、1,300社を超える主要企業のお客様がBlue Prismのデジタルワークフォースを活用しており、その結果、数億もの時間をビジネスに還元しつつ、何十億もの処理の自動化が実現されています。


Blue Prism(AIM:PRSM)の詳細は、www.blueprism.com/japan をご覧ください。また、Twitter@blue_prismLinkedInでBlue Prismをフォローしてください。

最新情報

Pulse-Online-July-Upgrade-Thumbnail-440x308px
ウェビナーのお知らせ

Upgrade strategy: how to successfully implement and run the latest version of Blue Prism

Upgrading Blue Prism in an enterprise-level and production environment isn’t a task that should be undertaken lightly - and success is almost entirely...

Register Now
AI_Breakthrough_Awards_2019_Blue-Prism
ニュース

Blue Prism、2019年度Artificial Intelligence (AI) Breakthrough Awardを受賞

2019年度のAI Breakthrough Awardsプログラムで2年連続「Best Robotic Process Automation (RPA) Company」の称号を受ける

続きを読む
Daiichi life picture3
事例

メンテナンス性、安定性、堅牢性に優れたBlue Prismを採用し、CoE 方式で、3000 業務、45万時間の削減を目標に、RPAの全社展開に役立てる

メンテナンス性、安定性、堅牢性に優れたBlue Prismを採用し、CoE 方式で、3000 業務、45万時間の削減を目標に、RPAの全社展開に役立てる

続きを読む
Close