contact

お問い合わせ

ニュース | 2020年01月07日

Blue Prism 株式会社 2020年 年頭所感

JP New Year 368x254

Blue Prism 株式会社 2020年 年頭所感


新年あけましておめでとうございます。日頃より当社にご支援賜り厚く御礼申し上げます。新年にあたり、謹んでご挨拶を申し上げます。

2019年6月にBlue Prism株式会社の社長に就任してから7カ月が経ちました。旧年中は多くのお客様とパートナー様を訪問させていただき、日本のRPA市場に関する知見を得ることができました。また、RPAの本格展開への課題や当社に対する期待をお伺いするにつれ、RPAという言葉を生み出した老舗ベンダーとして、日本のお客様の競争力強化に貢献すべく、使命感をより一層強くいたしました。

ガートナー社のテクノロジーのハイプ・サイクルでは、RPAは幻滅期に入っておりますが、Blue Prismの運用管理、セキュリティ、監査証跡対応など、エンタープライズ向けの機能が評価され、他社製品からの乗り換えも含めて、2019年に導入顧客数を倍以上に伸ばすことができました。9月に主催したBlue Prism World Tokyoでは、定員を大きく上回る1,000名以上の方、また10月のJapan IT WeekでのBlue Prismの講演にも2,000名の方にご参加いただき、いよいよ日本のRPA展開も、デスクトップ型からBlue Prismが提唱するエンタープライズ型へとステージが上がっていると実感しております。また、Blue Prismのビジョンに共感いただき、パートナー数も16社に増えるとともに、ソリューション開発、共催セミナー開催など、RPAの本格展開に向けて、協業の内容も深化させていただきました。

2020年は、お客様が人とテクノロジーの融合を通じて新しい価値を創造できるよう、2019年の活動を土台として、以下の活動を推進してまいります。

カスタマーサクセス

お客様がBlue Prismをより一層ご活用いただけるよう、カスタマーサクセスの専門部隊を立ち上げました。RPA推進組織などベストプラクティスを提供することに加え、お客様個別の課題やニーズにも対応できるように、社員一丸となってカスタマーサクセスを推進して参ります。また、ユーザー同士で情報を共有し学び合うコミュニティー活動も積極的に展開してまいります。

インダストリーソリューション

営業組織をインダストリー別に再編いたしました。全世界で約1,700社の導入実績を生かして、業界、業務により特化したソリューションを提案してまいります。また、西日本営業部を2019年12月に開設し、日本全国のお客様にBlue Prismの価値訴求を行ってまいります。

クラウド

プライベートクラウドやパブリッククラウドでの利用に加え、2020年中には、SaaSモデルの”Blue Prism Cloud”を日本市場に向けて本格展開し、より柔軟にBlue Prismをご活用いただけるようにいたします。Blue Prism Cloudは、従来のBlue Prismの機能に加え、コグニティブ、OCR、チャットボットなどがあらかじめ組み込まれており、合わせてAIによりロボットの稼働も自動的に効率化するなど、包括的なクラウドソリューションです。

パートナーエコシステム

パートナー様との協業を次のステージへ進めるために、認定資格取得の支援や各種トレーニング提供など、パートナーサクセス施策を実施してまいります。RPAの有効活用に不可欠なAIやOCRについては、テクノロジー パートナー様と、アプリストアであるBlue Prism Digital Exchangeを通じて、お客様に提供してまいります。また、日本独自のパートナーアワードを立ち上げ、パートナー様の認知度向上にも努めてまいります。

引き続き、日本のお客様の競争力強化に向けて、社員一丸となって全力で取り組み、日本のRPA展開を次のステージで進めていく所存です。

本年も変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Blue Prism 株式会社

社長

長谷 太志