contact

お問い合わせ

ニュース | 2020年06月11日

Blue Prism、テクノロジーパートナーを通じて、 意思決定のスピード、精度、規模、透明性をデジタルワーカーに追加

Thumbnail TAP Roll Up

Blue Prism、テクノロジーパートナーを通じて、
意思決定のスピード、精度、規模、透明性をデジタルワーカーに追加

AgilePoint社、Pintec社、Rainbird社がBlue Prismのテクノロジーコミュニティに参加

【2020年6月16日】 デジタルワーカーの機能拡張を推進するBlue Prism社 (AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:ジェイソン・キングドン、日本法人Blue Prism株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志)は、最新テクノロジーを提供するイノベーターである、AgilePoint社、Pintec社、Rainbird社との協業を発表します。これらのパートナー企業は、Blue Prismのデジタルワーカーを補完するために、ローコードのアプリケーション開発環境、組み込み型インテリジェンス、データ分析、監査、データベース管理機能を提供します。

これらのパートナー企業は、Blue Prismのテクノロジーアライアンスプログラム(TAP)に参加しています。Blue Prismの顧客は、インテリジェントオートメーションのアプリストア及びオンラインコミュニティであるBlue Prism Digital Exchange(DX)を介して、AgilePoint社、Pintec社、Rainbird社のソフトウェア製品を活用することで、自動化プロジェクトを加速し、また拡張することができます。

Blue Prism DXは、インテリジェントオートメーションのアラカルトメニューのように機能します。新しいBlue Prism TAPパートナーがDXに毎月のようにアセットを追加します。Blue Prismの顧客は、コーディングすることなくわずか数クリックで、TAPパートナーが提供する新しい機能をBlue Prismのデジタルワーカーに、ドラッグ&ドロップで追加することができます。

以下は今回追加された新しい機能の概要です。

AgilePoint社は、電子フォーム、ワークフロー、エンドツーエンド及び部門をまたがったプロセス構築用のローコード/ラピッドアプリケーション開発(RAD)プラットフォームを提供します。これにより、市民開発者は、電子フォームの作成、ワークフローのモデル化、プロセスベースのアプリケーションの構成、データエンティティの作成、フォーム/データベースのアプリケーションの構築を迅速に行うことができます。Blue Prismのconnected-RPA(コネクテッドRPA)と組み合わせることで、企業はこれまで以上の高いレベルで効率性を実現することが可能となります。

例えば、Fortune 50に名を連ねるグローバル製造業のひとつでは、Blue Prismを設計エンジニアリングチームのAgilePointビジネスプロセスに組み込みました。研究開発、プロトタイピング作成のプロセスがBlue PrismのRPAと統合され、レガシーの財務システムから関連データを抽出して発注を行うなど、発注プロセスの自動化を実現しました。

Rainbird 社は、顧客が大量のデータ処理が必要な業務プロセスを、大規模で完全に自動化できるように支援します。Rainbird社と Blue Prism のデジタルワーカーの組み合わせは、単に人間の意思決定プロセスを強化するだけでなく、すべてのシステムからの推奨事項の根拠を同時に提示し、自動化された意思決定の監査証跡として利用可能です。また、不正行為の検出や調査を合わせて提供します。

ISGのコグニティブ・オートメーション及びイノベーション担当ディレクターである、Wayne Butterfield氏は次のように述べています。「Rainbird社と Blue Prism社の強力なコラボレーションは、それぞれ単体では実現できない新しいインテリジェントオートメーションの可能性を開き、それぞれの顧客に新しい価値をもたらすでしょう。Rainbird 社の意思決定支援能力と Blue Prism の業務実行能力により、監査部門を含む全部門が大幅な効率化の可能性を全世界で持つことになるでしょう」

Pintec社は複数のデータベースを単一のデータウェアハウスとして統合管理することを支援し、Blue Prismはエンドツーエンドのプロセスを自動化することで、顧客が精度と効率性を大幅に向上させたレポート作成業務と分析業務を実行できるようにします。Pintec社の製品とBlue Prismを併用することで、複数のデータテーブルを統合し、プロセスの実行を高速化することで、複数のデータベース間でのデータ整合性を高めることができます。

TAPへの参加は、Blue Prism社のDXの新しいセルフサービス機能によって、これまで以上に容易に行えるようになっています。詳しい情報は、https://digitalexchange.blueprism.com/site/global/partner/index.gspをご参照ください。

※当報道資料は、2020年6月11日(現地時間)に、英国ロンドンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。