Newsroom Funding
2019年01月31日

Blue Prism、新規投資家および既存投資家への株式募集による 1億ポンドの資金調達を発表

Share
Twitter Twitter Twitter Twitter

RPA業界のパイオニアが提供するインテリジェントかつ高いスキルのデジタルワークフォ
ースに関し、connected(コネクテッド)RPA構想、マーケティング、研究開発および世界 展開計画を加速


【2019年1月31日】 世界中で新たな働き方を実現するデジタルワークフォース、RPAソフトウェアのリーディングプロバイダーである Blue Prism(〔AIM: PRSM〕 、本社:英国ロンドン、CEO:アレスター・バスゲート)の日本法人であるBlue Prism株式会社(本社:東京都港区、社長:ポール・ワッツ)は、本日、新しく資金として1憶ポンド(約1.3憶ドル)を調達するため、新規投資家および既存投資家(取締役および経営陣を含む)への株式募集について発表しました。本取引の実行は、2019年2月11日に行われる株主総会で当該取引に関する承認が正式に決議されます。調達資金は、研究開発、販売、マーケティング、カスタマーエクスペリエンス、コミュニティおよび世界展開への計画的投資とともに本日明らかにされた、connected-RPA(コネクテッドRPA)構想に充てられます。

2016年のロンドン証券取引所AIM市場上場から3期目となる会計年度(2018年10月期)後、間もないこの追加の資金調達は、Blue Prismソリューションに由来する企業活動の価値を示すものです。本日公表した2018年度決算報告書から、売上が堅調に推移し、新規のお客様にも既存のお客様にも順調にご利用いただいていることがわかります。米国(重要な戦略的市場)での著しい成功、進行中の世界展開、継続して進めている製品開発は、Blue Prismのエンタープライズレベルの、connected-RPAサービスに対する世界的需要の高まりに応えます。さらに、本日発表したBluePrismテクノロジーの優れた洗練性とインテリジェンス機能を特徴とする一連の最新製品情報も、さらなる追い風になると捉えています。

Blue Prism CEO兼共同創業者アレスター・バスゲート(Alastair Bathgate)は次のように述べてい
ます。「また大きく前進した年を土台にさらにこの資金調達を得ることは、RPAとインテリジェントオートメーションによる急速な成長につながります。組織、インフラ、海外展開に対する継続投資に加え、調達する1憶ポンドは、Blue Prismのconnected-RPA構想の推進に充てる予定です。これは、変革的なテクノロジーを容易に取り込めることにより、お客様企業内の「デジタルイノベーター」が状況に応じて的確かつ迅速に対応し、既存の価値基準を打ち砕いて、変化する市場の需要に遅れずについていけることを目指すものです」

Blue Prismについて

最新情報

ニュースルーム

Blue Prism、テクノロジーの普及とRPAのイノベーションを加速させる学習プログラムの確立および知識共有コミュニティを創設

Blue Prismユニバーシティとラーニング エディション(90日間無償ライセンス)でRPAの知識とリソースの普及を促進

続きを読む
Oracle Thumbnail
ニュースルーム

Blue Prism、Oracleとの連携を強化し、デジタルワークフォースの新機能をリリース

Blue Prism、Oracleと統合を強化、エンタープライズ向けデジタルワークフォースの新機能の提供を発表

続きを読む
Jpn bp pr rel66 thumbnail
ブログ

Blue Prism バージョン6.6でオンプレミスでの無償評価版インストーラーを提供

Blue Prism バージョン 6.6 は、データ ゲートウェイの機能強化や FIPS 準拠など、さまざまな新機能をリリースするとともに、オンプレミスの評価版インストーラーも提供しています。Azure Marketplace での無償評価版はすでにご紹介していますが、オンプレミス版のご提供により、...

続きを読む