2020年01月16日

Blue Prismが新しいSaaSオファリングをリリース

Fallback banner

Blue Prismが新しいSaaSオファリングをリリース

【2020年1月16日】

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)のリーディングカンパニーであるBlue Prism社 (AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:アレスター・バスゲート、日本法人Blue Prism株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志)は、 より幅広い選択肢、セキュリティ、スケーラビリティを実現する基盤として、Blue Prismのconnected-PRAのビジョンを具現化したDigital Workforceを搭載した3つの新しいSaaS(Software-as-a-Service)ソリューションを本日発表しました。これらの新しいSaaSソリューションは、Thoughtonomy社(現在のブランド名はBlue Prism Cloud)から取得したIPを活用し、日本のお客様が業界で最も高度なインテリジェント オートメーション機能に容易にアクセスできるようにします。 これらのソリューションにより、Blue Prismは、業界で初めて、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド、SaaSのすべてをカバーするエンドツーエンドの自動化ソリューションを提供することになります。

Blue Prism Cloudのテリー・ウォルビーは、次のように述べています。 「当社のSaaSをご利用中のお客様は、人間とデジタルワーカーのコラボレーションを促進することに加え、インテリジェントなデジタルワーカーの管理を簡素化し利用率を高めることができるAIテクノロジーの利点を長い間享受しています。Blue Prismをオンプレミスかクラウドで運用しているかにかかわらず、デジタルトランスフォーメーションを加速できるよう、Blue Prismユーザーのコミュニティー全体にこれらの機能を提供します」

これらの新しいSaaS製品群は、業界で最も包括的な自動化ソリューションのポートフォリオを持つデジタルワーカーをお客様に提供するBlue Prismのconnected-PRAのビジョンの一環になります。この戦略に沿って、これらの最新機能は、Blue Prismの Digital Exchange (DX)から直接、またはパートナーを通じて提供され、投資対効果を最大化しようとしているお客様の主要なニーズに対応しています。具体的な製品は以下になります。

  • Blue Prism Cloud Hub は、デジタルワーカーの自動化ライフサイクルを管理することができる運用管理コントロールセンターです。このビジネスユーザー向けのインターフェイスにより、運用管理業務を簡素化し、包括的なダッシュボードを提供します。複数の地域にまたがる大規模なエンタープライズのお客様は、インターフェイスをそれぞれのチームの言語にカスタマイズし、運用管理業務を任せることができます。
    • Blue Prism Cloud Hubのユーザーは、コアプロセスを自動的に構築する強力な自動化プロセスデザインツールであるWireframerにもアクセスできます。これにより、アプリケーション間の連携や例外処理まで適切な制御が行われます。
  • Blue Prism® Cloud Interact は、デジタルワーカーと人間のコラボレーションのためのウェブインターフェイスです。 任意のコンピューターまたはモバイル デバイス上のブラウザーからアクセスするカスタマイズ可能なウェブインターフェイスにより、お客様は、バックオフィス業務だけでなくフロントオフィスの業務まで自動化の適用範囲を広げることができます。手動により開始されるプロセス(Attended RPA)や人が途中で介入する必要があるプロセス(Human-in-the-loop)の自動化に対応できるように設計されています。ユーザーは、シンプルですぐに活用できるテンプレートを活用して、さまざまな自動化用途に対応する柔軟な動的Webフォームを作成できます。
  • Blue Prism Cloud IADA は、デジタルワーカーの生産性を高め、投資対効果を最大化するために、AIによりデジタルワーカーのワークロードを自動的に調整する機能です。SLA要件、リアルタイムでの業務量の変動、IT環境の状況に応じて、IADAはデジタルワーカーのパフォーマンスを最適化します。

HFS Researchの上級副社長であるエレーナ・クリストファー氏は次のように述べています。「今回のリリースは、業界が待ち望んでいたアップデートです。Blue Prismは、Thoughtonomyの買収で最も強力な技術要素を本質的に取り入れ、新しく統合された製品としてパッケージ化しました。これらの製品は、”ダッシュボード機能と分析機能の強化及びAI機能の強化が最も顧客が求めているものである”とした、RPAの260名のパワーユーザーを対象としたHFSの最新のレポート内容と一致しています。また、Blue Prismの“Unattended RPA”領域での強さを考えると、これらのソリューションが“Attended RPA”領域もサポートすることは注目に値します」

※当製品についての日本市場における本格的な展開については別途アナウンス予定です。 また、当報道資料は、2020年1月15日(現地時間)に、英国ロンドン/米国テキサス州オースティンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.