2021年07月19日

Blue PrismとLateetudが「2021 Microsoft AI Partner of the Year」 のファイナリストに選出

Microsoft POTYA com resource 440x303

Blue PrismとLateetudが
「2021 Microsoft AI Partner of the Year」 のファイナリストに選出

【2021年7月19日】インテリジェントオートメーションのグローバルリーダーであるBlue Prism社(AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:ジェイソン・キングドン、日本法人Blue Prism株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志)は、Blue Prism社とLateetud社の共同ソリューションが「Artificial Intelligence 2021 Microsoft Partner of the Year Award」のファイナリストとして選出されたことを発表しました。このソリューションは、Microsoft社の技術をベースにした顧客ソリューションの革新と導入において優れた実績を上げていることが評価され、Microsoft社のトップパートナーとして世界的に表彰されました。

Microsoft Partner of the Yearは、過去1年間にMicrosoft社の技術をベースとした優れたソリューションを開発・提供したMicrosoftパートナーを表彰するものです。世界100か国以上から寄せられた4,400件以上の候補の中から、さまざまなカテゴリーごとに受賞者が選出されました。Blue Prism社とLateetud社は、人工知能の分野で優れたソリューションとサービスを提供したことが評価されました。

Blue Prism社のパートナー戦略最高責任者であるリンダ・ドッツ(Linda Dotts)は、次のように述べています。「Blue Prismは、人工知能の分野で2021年Microsoft Partner of the Yearのファイナリストとして、パートナーであるLateetud社とともに選出されたことを大変喜ばしく思っています。このインテリジェントオートメーションソリューションは、新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の危機に際して、大きな社会的貢献をしました。給与保護プログラム(PPP)の融資承認プロセスを数週間から数時間に短縮することで、資金難に陥っている中堅中小企業が、融資を迅速に受けられるようになりました。自動化の可能性を明確に示すことができました」

Blue Prism社とLateetud社は、Blue Prismのインテリジェントオートメーションプラットフォームと、Microsoft Power PlatformおよびAzure Cognitive Servicesを組み合わせて、米国中小企業庁のPPPローンを自動化するためのターンキーソリューションをAzure上に構築しました。このソリューションでは、Azure Form Recognizerを使ってローンアプリケーションの非構造化データを構造化データに変換して自動処理を行い、Microsoft Power Platformの機能を使ってデータ抽出、ワークフロー、チャットボット、レポーティングを実施します。そして、Blue Prismを活用し、Know Your Customer(KYC)とアンダーライティングの機能を自動化しています。また、ローン組成の業務もカバーしています。

  • ローン申請者は、Lateetud社の申請者用のポータルを通じてPPPの申請書を提出します。
  • その後、Azure Form Recognizerがデータの理解と抽出を行い、Power BIがドキュメントの管理を行います。
  • 準備が整うと、Power Automateは、Power Platformのすべての要素と統合するBlue Prismとのコネクターを介して、Blue Prismのデジタルワーカーを起動させ、処理を継続します。
  • ユーザーは、Power Virtual Agentを介して、プロセス全体で銀行と進捗を確認することもできます。

Lateetud社のCTOであるMurali Menon氏は次のように述べています。「Lateetud社のチーム全員を代表し、パートナーのBlue Prism社とともに、このような評価を受けたことを誇りに思います。また、この1年を通じて提供されたすべてのサポートについてMicrosoft社に感謝します。Azure Form RecognizerやMicrosoft Power Platformなどの技術と、Blue Prismインテリジェントオートメーションを組み合わせることで、銀行が雇用と中小企業を救済するためのソリューションを構築しました。融資申請を迅速に処理することで、個人や企業がより早く資金を受け取ることができるようになりました」。

Microsoft社のチャネルセールスおよびチャネルチーフのグローバルパートナーソリューション担当コーポレートバイスプレジデントであるRodney Clark氏は次のように述べています。「2021 Microsoft Partner of the Year Awardsの受賞者とファイナリスト発表の任を預かり、大変光栄です。これらの素晴らしいパートナーの皆様は、クラウドからエッジまで、お客様のためにグローバルレベルのソリューションを構築することに全力を注いでおり、弊社のエコシステムにおいて最も優秀なパートナーです」

※当報道資料は、2021年7月8日(現地時間)に、英国ロンドンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.