2020年08月26日

Blue Prism、Artificial Intelligence (AI) Breakthrough Awardプログラムにおいて  2020年度のRPA部門最優秀企業賞を受賞

AI Breakthrough 2020 Thumbnail

Blue Prism、Artificial Intelligence (AI) Breakthrough Awardプログラムにおいて
2020年度のRPA部門最優秀企業賞を受賞

権威ある賞により、卓越したAIおよび機械学習ソリューションと
企業の取り組みが高く評価される

【2020年8月26日】 インテリジェントオートメーションのグローバルリーダーであるBlue Prism社(AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:ジェイソン・キングドン、日本法人Blue Prism株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志)は本日、Blue Prism社が3年連続でAI BreakthroughのRPA部門において最優秀企業賞(Best Robotic Process Automation (RPA) Company)を受賞したことを発表しました。AI Breakthroughは、世界の人工知能(AI)市場をリードする企業やテクノロジー、製品を評価する、マーケティングインテリジェンスの主導的機関です。

Blue Prism社は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の黎明期からのパイオニアとして、インテリジェントなデジタルワーカーを通じてお客様のビジネスプロセスの自動化と実行を実現してきました。それにより、組織は従業員が有意義で創造性の高い作業に注力できるようにすることができます。この賞では、革新的なインテリジェントオートメーション(IA)の「アプリストア」及びオープンエコシステムを提供するオンラインコミュニティであるBlue Prism社のDigital Exchange(DX)も評価されています。

DXのオンラインコミュニティでは、ユーザーにIAソリューションの「アラカルトメニュー」を提供しており、ドラッグ&ドロップで自動化プロジェクトを簡単に拡張できます。また、新しいAI機能や機械学習機能、データのマイニングおよび抽出機能、さらにはその他のコグニティブ機能をDXからダウンロードして活用することができます。DXは「ワンストップショップ」であり、Blue Prism社のお客様やパートナー企業が選りすぐりのIAソリューションを共有するためのマーケットプレイスです。マウスを数回クリックするだけで、Google社、IBM社、Microsoft社、Salesforce社などの企業の最新技術を自動化プロジェクトに取り込むことができます。

Blue Prism社の最高パートナー戦略責任者であるリンダ・ドッツ(Linda Dotts)は次のように述べています。「私たちBlue Prismは複数の部門によって構成されていますが、DXはまさに当社のエコシステムを支える原動力と言えます。DXには、わずか1年余りで3万7,000人を超えるユーザーと4,125社の登録企業が集まり、数多くのダウンロードが行われています。DXには毎週新しいIA機能が追加されており、RPA機能を拡張するための理想的なフォーラムとなっています。このAI Breakthroughの受賞は、私たちの革新的精神とインテリジェントオートメーション業界へのコミットメントを強く実証するものです」

AI Breakthrough Awardsの使命は、AIプラットフォーム、ディープラーニング、スマートロボティクス、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、業界固有のAIアプリケーションをはじめとする、幅広いAIおよび機械学習に関連する分野における優れた企業を評価し、その革新性、たゆまぬ努力、成功を認知することです。本年度のプログラムには、世界15ヶ国以上から2,750を超える応募がありました。

AI Breakthroughのマネージングディレクターを務めるジェイムズ・ジョンソン(James Johnson)氏は次のように述べています。「あらゆる企業にデジタルワーカーを提供するというBlue Prism社が掲げる目標は、ソリューションを創出する革新的手法によって支えられています。このソリューションは、知識労働者が手掛ける数多くの手作業の自動化を支援し、知識労働者のより戦略的な業務への注力、他の新技術の導入や展開、時間の節約などを可能にします。Blue Prism社は、DXのような革新的ソリューションでAI業界の現状を打破し、パワフルなソリューション群を用いて、さまざまな企業が事業目標を超えてさらなる成果を達成する手助けをしています。私たちは、Blue Prism社の多大な努力と継続的イノベーションを、2020年度のAI Breakthrough AwardsプログラムにおいてRPA部門の最優秀企業賞という形で評価でき、とてもうれしく感じています」

Blue Prism社は、多くの顧客がクラウドやSaaSモデルのインテリジェントオートメーションに移行したため、2020年度上半期の業績として、70%の収益増加を報告しました。この成果の原動力の1つが、Blue Prism社のテクノロジーアライアンスプログラム(TAP)であり、現在は90を超えるパートナーを擁しています。このプログラムにより、参加企業は、DXへアップロードすることで、それぞれのリューションの提供を容易に行えるようになります。

さらに、Blue Prism 社は、2019年のThoughtonomy社(現在のBlue Prism Cloud)の買収により、DXの機能を拡大するとともに、主要なクラウドサービスプロバイダーとインテリジェントオートメーションを提供する取り組みも強化しました。また、顧客のニーズに柔軟に対応するために、Blue Prism社は、オンプレミス、クラウド、およびSaaSでのRPAソリューションを提供する、業界初の企業にもなりました。

※当報道資料は、2020年8月26日(現地時間)に、英国ロンドンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.