2021年04月20日

HAL東京とBlue Prism株式会社、デジタル人材を育成する協業を発表

Generic resource center placeholder images education

HAL東京とBlue Prism株式会社、デジタル人材を育成する協業を発表

RPA/デジタルワーカー開発スキル習得に向けた「RPA専科」講座を開講

【2021年4月20日】 ゲーム・CG・ITなど幅広い分野でプロを育成する専門学校である HAL東京(以下HAL東京)と、インテリジェントオートメーションのグローバルリーダーであるBlue Prism社(AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:ジェイソン・キングドン、)の日本法人であるBlue Prism株式会社(本社:東京都港区、社長:長谷 太志、以下Blue Prism)は、デジタル変革を推進する人材を育成することを目標に、HAL東京にてRPA/デジタルワーカー開発スキル習得に向けた講座を開講したことを発表しました。講座で利用するツールにはエンタープライズ向けのソリューションとして評価が高いBlue Prismが採用され、通常のカリキュラムとは別に「RPA専科」として提供されました。

HAL東京は、学生に最新テクノロジーに触れる機会を設けることにより、即戦力として社会で活躍する人材育成を実践しています。コロナ禍において、デジタルワーカーは今後のデジタル変革のキラーアイテムとして広く認識されており、今回の講座開設に至りました。Blue Prismは、Blue Prism Universityプログラムを通じて、講座を受講する学生に対して、ライセンスを無償で提供します。

HAL東京 IT学部 教官の江畑 幸一氏は次のように述べています。「HAL東京は、即戦力の人材育成を実践しています。生産労働人口が減少する中、最新技術を身につけたデジタル人材は、日本経済の成長を支えるために欠かすことのできない存在です。このたびBlue Prismの協力を得て、本学の学生がRPA/デジタルワーカー開発スキルを身に付けることができて大変うれしく思っています」

HAL東京とBlue Prismは、「RPA専科」や産学連携プロジェクトなどを通じて、日本のデジタル人材の育成を推進していく予定です。

HAL東京について

HAL東京は、ゲーム、CG、ミュージック、IT、カーデザインまで、IT・デジタルコンテンツ分野の即戦力を育成している専門学校。専門教育の理想とされる「産学連携」を追究し、第一線のプロによる直接指導、企業からの依頼で学生が取り組むケーススタディ、プロも認めたソフト・ハードを導入。希望者就職率100%を実現しています。

【報道関係者お問い合わせ先】
学校法人 日本教育財団 HAL東京(https://www.hal.ac.jp/tokyo
法人本部 企画室 平
TEL:03-3346-6000
E-mail: [email protected]

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.