contact

お問い合わせ

ニュース | 2020年10月06日

NTT Com、Blue Prismとの協業により国内でセキュアな「デジタルワーカー」のプラットフォームサービスを展開

JP BP Partnership Collaboration 368x254

NTT Com、Blue Prismとの協業により
国内でセキュアな「デジタルワーカー」のプラットフォームサービスを展開

~RPAの進化形であるインテリジェントなデジタルワーカーにより、広範な領域におけるDXを推進~

Blue Prism社(AIM: PRSM、本社:英国ロンドン、CEO:ジェイソン・キングドン、日本法人Blue Prism株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志) 、および NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸岡 亨、以下 NTT Com)は、2020年10月6日より、デジタルワーカーサービスの提供において協業します。この協業を通じ、NTT Comの「Smart Data Platform」(以下 SDPF、内容は文末参照)のメニューとして、「デジタルワーカー」のプラットフォームサービス (以下 本サービス)の提供を、2020年度内に開始します。

デジタルワーカーとは、パソコン上で行う単純作業を自動化するRPA(Robotic Process Automation)の機能をベースに、画像から情報を抽出する認知機能やAIによる文章理解、人とコミュニケーションができるチャットボットなどのインテリジェントな機能を加えたもので、より高度で複雑な業務を自動で行うことが可能です。業務における広範な領域でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することができます。

1. 背景

労働人口の減少や、新型コロナウイルスの感染拡大などを背景として、働き方の抜本的な改革が加速しています。働き方改革の一環として、RPAによる自動化が普及・浸透しつつありますが、現在は業務単位、部署単位での効率化が主であると考えられます。全社で横断的なDXを推進するためには、単なるRPAよりも高度な業務が可能で、企業内のさまざまなデータベースや基幹システムにもセキュアにアクセスできる必要があります。

Blue Prism社とNTT Comは、社内のICTリソースに柔軟かつセキュアにアクセスすることができ、高度な業務を自動で遂行するデジタルワーカーの提供により、業務の抜本的なDXに貢献します。これにより、お客さま企業において、貴重な社内リソースをより戦略的な業務にシフトすることを促進します。

2. 「デジタルワーカー」のプラットフォームサービスの概要と特長

本サービスは、Blue Prism社製のデジタルワーカーの作成、実行および管理をおこなう全ての機能をクラウド上で提供します。また、あらかじめ用意されているデジタルワーカーのスキルを、クラウド上でオンデマンドに調達し即座に利用することが可能です。

本サービスは「SDPF」を構成する機能の一つとして提供するため、NTT Comの高品質なプラットフォーム上でデジタルワーカーサービスを利用できるほか、「SDPF」を構成するクラウド、データマネジメント、データインテグレーション、ストレージなどのさまざまな機能と組み合わせて利用することができます。

また、「SDPF」を構成する「Flexible InterConnect」と併用することによって、クラウドやオンプレミスなどの複数の場所に存在するICTリソースに閉域網で接続することができるため、さまざまな業務システムを横断する複雑な業務を、高度なセキュリティを保ったまま遂行することが可能になります。

<イメージ図>

3. 今後の展開

両社は、デジタルワーカーの普及・浸透に向けて、共同によるマーケティング、プロモーション活動、各種セミナーなどを実施し、企業におけるDX推進を支援していきます。

Smart Data Platformについて

NTT Comは、データによる企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要なすべての機能をワンストップで提供する「Smart Data Platform」を中核として、データ利活用ビジネスを推進しています。本サービスは、「Smart Data Platform」を構成する機能の一つです。詳しくは、下記ウェブサイトをご参照ください。

https://www.ntt.com/business/sdpf/