Intelligent RPA Platform | Blue Prism
backImage.title
Pyramid Outline

インテリジェントなRPAプラットフォーム

Blue PrismのインテリジェントなコネクテッドRPAプラットフォームは、エンタープライズに必要な運用管理機能を備え、ビジネスユーザーが創造性を発揮し、自動化やAIの活用を推進できるように開発されました。

Blue Prismのconnected-RPAは、日本のRPA本格展開に向けた以下の課題を解決します。

Prism on hand

課題1: 重要業務への適用

例) 重要業務は高いセキュリティやコンプライアンス対応が求められるが、現在のRPAツールでは不安である。特定の時間まで完了が必須な業務があるが、ロボットの稼働が不安定であり、また自律的な回復もしない。

解決策: 統合 RPA管理: エンタープライズ クラスの運用管理機能、監査機能、セキュリティ機能を提供します。追加ライセンスコスト不要で、重要業務の安定稼働と、組織のセキュリティ レベルを維持できます。

TCO

課題2: 投資対効果

例) 働き方改革という観点で個人の作業の自動化、また自動化しやすい業務で一定の効果を達成したものの、RPAの適用範囲を広げていこうとすると、開発生産性や保守性の問題、また運用管理機能などに伴う追加ライセンスコストの課題で、ROIが実証できない。

解決策: 高い投資対効果: ルーチンから重要な業務までプロセス全体の自動化を促進。シンプルなライセンス体系で、開発生産性と保守性の高い RPA を、効率的かつ戦略的に活用することで、低TCOと高 ROI を実現できます。

Disital transformation

課題3: 拡張性

例) Digital Transformationの推進の一環としてRPAを導入したが単純タスクの自動化に留まり、当初期待していたようなデジタル技術を活用した新規プロジェクトなどには、RPAを活用できていない。

解決策: デジタル変革の促進: 現場の生産性向上と革新的なアイデア実現のためにAIなどの最新技術を活用できます。拡張性に優れた設計で、自動化とビジネスの拡大を支援します。

Blue Prism の強み: Blue Prismのconnected-RPAプラットフォームは、エンタープライズ向けの運用管理機能を備え、高い投資対効果をもたらし、ビジネスの成長を支援します。

RPA Platform

Blue Prism の特長

統合 RPA管理

エンタープライズ クラスの運用管理機能、監査機能、セキュリティ機能を提供します。追加ライセンスコスト不要で、重要業務の安定稼働と、組織のセキュリティ レベルを維持できます。

高い投資対効果

ルーチンから重要な業務までプロセス全体の自動化を促進。シンプルなライセンス体系で、開発生産性と保守性の高い RPA を、効率的かつ戦略的に活用することで、低TCOと高 ROI を実現できます。

デジタル変革の促進

現場の生産性向上と革新的なアイデア実現のためにAIなどの最新技術を活用できます。拡張性に優れた設計で、自動化とビジネスの拡大を支援します。

最新情報

BP University 2
ニュースルーム

Blue Prism、テクノロジーの普及とRPAのイノベーションを加速させる学習プログラムの確立および知識共有コミュニティを創設

Blue Prismユニバーシティとラーニング エディション(90日間無償ライセンス)でRPAの知識とリソースの普及を促進

続きを読む
Oracle Thumbnail
ニュースルーム

Blue Prism、Oracleとの連携を強化し、デジタルワークフォースの新機能をリリース

Blue Prism、Oracleと統合を強化、エンタープライズ向けデジタルワークフォースの新機能の提供を発表

続きを読む
Jpn bp pr rel66 thumbnail
ブログ

Blue Prism バージョン6.6でオンプレミスでの無償評価版インストーラーを提供

Blue Prism バージョン 6.6 は、データ ゲートウェイの機能強化や FIPS 準拠など、さまざまな新機能をリリースするとともに、オンプレミスの評価版インストーラーも提供しています。Azure Marketplace での無償評価版はすでにご紹介していますが、オンプレミス版のご提供により、...

続きを読む
閉じる