Blue Prism Japan | Process Discovery Tool
backImage.title
Pyramid Outline

すばやく成果を達成し、ビジネスを拡張

プロセスディスカバリーツールを使用することで、自動化対象業務の適正を評価できます。

プロセスディスカバリーツールは無料で使用できるオンラインツールです。自動化対象の業務について適正を最高レベルから最低レベルまで評価し、財務的な効果についても提供します。

このツールのメリットを見てみましょう。

  • いくつかの簡単な質問に回答することで、自動化対象業務の潜在的価値が分かる
  • すべての分析結果を簡単に確認できるダッシュボード
  • プロセスディスカバリーの進捗に関するリアルタイムの情報を経営陣とのコミュニケーションに効果的に活用できる
  • 詳細なレポートにより、自動化を成功に導くための洞察が得られる
  • 主要な統計情報が一目で確認できる
  • すべてのプロセスのスナップショットをわかりやすく可能できる
  • 自動化によるビジネス効果を、削減された時間とコストにより提示される。
  • データをエクスポートし、現在使用しているBIツールで詳しく分析可能
  • 結果を分析し、自動化プログラムの次の段階を検討できる

動画を見て詳しく学ぶ

Processvideothumb
Processscreen

自動化準備状況を示す4つのカテゴリー

ICON ready

(READY)

通常、READYのカテゴリーに該当するプロセスは十分に文書化されていて、ほぼ完全にデジタル化されており、同じアプリケーションを繰り返し使用しています。これらのプロセスは最も自動化がしやすく、RPAの導入による成果が最も早く得られます。

ICON cultivate

(CULTIVATE)

CULTIVATEのカテゴリーに該当するプロセスもほぼ完全にデジタル化されており、複数のアプリケーションを使用しています。ただ、これらのプロセスには定義が欠けている場合があるため、自動化の準備にもう少し作業が必要になります。

ICON incubate

(INCUBATE)

通常、INCUBATEのカテゴリーに該当するプロセスは十分に文書化されていますが、ほとんどデジタル化されていないので処理能力が低くなっています。これらのプロセスは、自動化準備を行う可能性があるため監視する必要がありますが、まだ自動化の対象ではありません。

ICON defer

(DEFER)

通常、DEFERのカテゴリーに該当するプロセスは定義されておらず、デジタル化もされていないプロセスです。これらのプロセスについても、自動化の優先度を他のプロセスに指定した後で再評価を行う必要があります。

最新情報

Bp Dx Banner
ニュースルーム

Blue Prism、Digital Exchangeを発表 使いやすいインテリジェントオートメーションスキルを提供するマーケットプレイスによってベスト オブ ブリードのテクノロジーが利用可能に

顧客、開発者、およびパートナーコミュニティからの貢献によりインテリジェントデジタルワークフォース機能を強化

続きを読む
Bp Generic Thumb
ニュースルーム

Blue Prism、新しいアフィリエイトテクノロジーアライアンスパートナーシップにより、インテリジェントオートメーション機能をさらに拡充

K2、Loop AI Labs、re:Infer、RossumがBlue Prismの技術提携プログラムおよびパートナーエコシステムに参加、業界で最も幅広く革新的なインテリジェントオートメーションを実現

続きを読む
Bp Chart Banner
ニュースルーム

Blue Prism、単一の環境で複数の事業部門にわたり、デジタルワーカーをセキュアに導入できる初のRPAプラットフォームを発表

マルチチーム環境とGoogle Chromeのネイティブサポートを提供する新機能によりデジタルトランスフォーメーションを加速

続きを読む
閉じる