この評価では、収益の成長性、設計と開発者の能力、AIに焦点を当てた戦略などの強みが、Blue Prismのリーダーとしての地位にプラスの影響を与えています。Blue Prismのクラウドソリューションは、急速に成長しており、2020年には3桁の成長率を達成しました。2001年に設立されたBlue Prismは、最も古いRPAソフトウェアベンダーの1つであり、「RPA (ロボティック・プロセス・オートメーション)」という用語を作り出しました。
IDC MarketScape RPAソフトウェア2021-2022ベンダー評価

Blue Prismは、IDC MarketScape RPAソフトウェアのリーダーとして位置付けられました

IDC MarketScapeの評価では、以下の強みが挙げられています。 

  • デジタルワーカーの稼働ベースでの価格設定:顧客は、本番環境のデジタルワーカーの同時実行数に基づいて、料金を支払います。デジタルワーカーは、自動化を実行するためのリソースプールです。新しいタスクは、処理能力に余裕があるデジタルワーカーに割り当てられることによって、稼働率を最大にします。これは、利用者数やインストール数に応じた価格が設定されている他のスタンドアロン型RPAとは異なる価格設定です。
  • 自動化設計機能:Blue Prismは、自動化部品を高度に再利用可能にするという開発思想のもとに、設計されています。業務のフローとシステム操作のオブジェクト(部品)を分離しているため、個別の自動化開発において、オブジェクト(部品)を簡単に再利用できるようになっています
  • 成長性:Blue Prismは2020年に収益を拡大しています。特にクラウド分野においては、3倍以上成長しています。

IDC MarketScape評価の詳細については、レポート(英語)をダウンロードしてください。 

最新情報