Jpn bp pr v6 6 landingpage
Share
Twitter Twitter Twitter Twitter

Blue Prism バージョン 6.6 は、データ ゲートウェイの機能強化や FIPS 準拠など、さまざまな新機能をリリースするとともに、オンプレミスの評価版インストーラーも提供しています。Azure Marketplace での無償評価版はすでにご紹介していますが、オンプレミス版のご提供により、社内システムと連携した自動化などについても、より容易にご評価いただけるようになりました。

Blue Prism バージョン 6.6 オンプレミス無償評価版は、機能制限がかかっておりません。評価期間は 30 日、15 個のプロセスまで公開することが可能です。

評価版インストーラーをダウンロードする

Blue Prism バージョン 6.6 オンプレミス無償評価版をダウンロードするには、Blue Prism ポータルのアカウントが必要です。

メモ
Blue Prism ポータルのアカウントを作成する方法については、「Blue Prism オンボーディング ~はじめよう! Blue Prism~ 第 1 回 ポータルへの登録」で手順をご紹介しています。


評価用ライセンス キーの申請

Blue Prism バージョン 6.6 オンプレミス無償評価版を利用するには、はじめに Blue Prism Digital Exchange で評価用ライセンス キーを取得する必要があります。申請するとアカウント情報に登録した電子メール アドレスにライセンス ファイルとダウンロード先の URL を通知しますので少々お待ちください。

1. ブラウザーを起動して、アドレス バーに「https://digitalexchange.blueprism.com/dx/」と入力します。

2. Blue Prism Digital Exchange のトップページで [Blue Prism Free On-Prem Trial] をクリックします。

Jpn 0917 1001

3. [Blue Prism Free On-Prem Trial - Try Blue Prism for free on-premises] ページで [Get License] をクリックし、評価用ライセンス キーを申請します。

Jpn 0917 1002

4. Blue Prism ポータルのアカウント情報 (電子メール アドレスとパスワード) を入力し、[ログイン] をクリックします。

メモ
Blue Prism ポータルにログイン済みの方は、次の手順に進みます。

Jpn 0917 1003

Blue Prism Digital Exchange にはじめてログインされる方は、アカウントの作成と企業情報の入力が必要です。

メモ
Blue Prism Digital Exchange にアカウントおよび企業情報を登録済みの方は、手順 5 に進みます。

[Create Account] ページで必要な情報を入力し、[Submit] をクリックします。

Jpn 0917 1004

項目

設定値

Username

必須項目。自動入力されます。

First Name

必須項目。自動入力されます。

Last Name

必須項目。自動入力されます。

Email Address

必須項目。自動入力されます。

Forum Username

必須項目。フォーラムで表示されるユーザー名を入力します。

Office Phone

任意項目。オフィスの電話番号を入力します。

Mobile Phone

任意項目。携帯電話番号を入力します。

[Company Registration] ページで必要な情報を入力し、[Submit] をクリックします。

Jpn 0917 1005

項目

設定値

Company Name

必須項目。会社名を入力します。

Company HQ Address

必須項目。本社の住所の番地を入力します。

Company HQ Address 2

任意項目。本社の住所のビル名などを入力します。

City

必須項目。本社の住所の市区町村を入力します。

State/Province

任意項目。本社の住所の都道府県を入力します。

Postal Code

必須項目。本社の住所の郵便番号を入力します。

Country

必須項目。本社の住所の国を入力します。

Company Phone

必須項目。会社の電話番号を入力します。

Company URL

必須項目。会社の URL を入力します。

Company Description

任意項目。会社の概要説明文を入力します。

5. Blue Prism Digital Exchange のトップページへ移動します。

申請が承認されるとアカウント情報に登録した電子メール アドレスに通知されます。少々お待ちください。


評価用ライセンス キーとインストーラーのダウンロード

申請が承認されると、ライセンス キーと EULA (ソフトウェア利用許諾契約) の添付された電子メールがアカウント情報に登録したアドレスに届きます。

Jpn 0917 2001

1. 添付されているライセンス ファイル (.lic) をローカル ディスクに保存します。

2. メール本文に記載されたあるダウンロード サイトのリンクをクリックします。

3. Blue Prism Trial のページで [Download (x64) 64-bit] をクリックします。

Jpn 0917 2002

インストーラーを任意のフォルダーに保存します。

評価版インストーラーから Blue Prism をデプロイする

Blue Prism バージョン 6.6 オンプレミス無償評価版は、セットアップウイザードに従って [次へ] を選択していくだけで、インストールが完了します。

前の手順で任意のフォルダーに保存した、「BluePrismEvaluation6.6.msi」をダブル クリックしてインストールを実行します。

Jpn 0917 3001
Jpn 0917 3002
Jpn 0917 3003
Jpn 0917 3004
Jpn 0917 3005
Jpn 0917 3006
Jpn 0917 3007

評価用ライセンスをアクティベートする

評価版のインストールが完了したら、Blue Prism を起動します。Blue Prism をはじめて起動すると、いくつかの初期設定を求められます。

セットアップ ウィザードの最後の画面で [Blue Prismを起動します。] を有効にしていれば、完了後に自動で起動します。起動を有効にしていない場合には、デスクトップの [Blue Prism] アイコンをダブルクリックします。

1. [パスワードの作成] で管理者ユーザーのパスワードを 2 箇所に入力し、[保存して続行] をクリックします。

Jpn 0917 4001

メモ
パスワードは画面に表示される要件に従って入力してください。

2. [データベースをインストール] で [次へ] をクリックします。

Jpn 0917 4002

通常、Blue Prism では、事前に SQL Server のセットアップが必要となりますが、評価版ではデータベースまで Blue Prism に含まれるため、よりお手軽に評価をはじめることができます。

Jpn 0917 4003

3. [おめでとうございます] で [次へ] をクリックします。

Jpn 0917 4004

4. 初期設定が完了し、Blue Prism – ロボティック プロセス オートメーション (RPA) ソフトウェアが表示されます。

[Blue Prism 認証情報でサインイン] に手順 1 のアカウント情報 (管理者ユーザー名「admin」と設定したパスワード) を入力し、[Blue Prism 認証情報を使用してサインイン] をクリックします。

Jpn 0917 4005

5. [Blue Prism をアクティベート] でライセンス ファイルへのパスを入力します。

[参照] をクリックし、「評価用ライセンス キーとインストーラーのダウンロード」の手順 1 で任意のフォルダーに保存したライセンス ファイル (.lic) を選択します。[次へ] をクリックします。

Jpn 0917 4006

6. [ライセンス キーを生成] で [新しいアクティベーション コードを生成] をクリックします。

Jpn 0917 4007

7. [ライセンス アクティベーション コード] で生成されたコードをファイルに保存するかクリップ ボードにコピーします。

ここでは、次の手順でカスタマー ポータルに移動して登録するので、[クリップ ボードにコピー] をクリックします。

[次のステップ] をクリックします。

Jpn 0917 4008

8. [ライセンス キーを生成] にカスタマー ポータルへのリンクが追加されます。

[カスタマー ポータル] をクリックします。

Jpn 0917 4009

9. ブラウザーが起動し、Blue Prism ポータルが表示されます。

Blue Prism ポータルのアカウント情報 (電子メール アドレスとパスワード) を入力し、[ログイン] をクリックします。

10. Licence Activation ページで内容を確認し、[I accept the EULA] を有効にします。

[Licence activation code] に手順 7 でクリップボードにコピーした生成コードをペーストします。

[SUBMIT LICENCE ACTIVATION] をクリックします。

Jpn 0917 4010

11. [Success] でアクティベーションに成功したことを知らせるメッセージが表示されます。

[COPY TO CLIPBOARD] をクリックして、ポータルのコードをクリップボードにコピーします。

Jpn 0917 4011

12. Blue Prism – ロボティック プロセス オートメーション (RPA) ソフトウェアを表示します。

[ライセンス キーを生成] で [検証コードを持っています] をクリックします。

13. [ポータルからのコード] で [クリップボードから張り付け] をクリックします。

[次へ] をクリックします。

Jpn 0917 4012

14. [ライセンスはアクティブ] が表示されると、正常にアクティベートされています。

[次へ] をクリックします。

Jpn 0917 4013

15. [大成功] で [完了] をクリックすると、初期設定が完了です。

思う存分、Blue Prism をお試しください。

Jpn 0917 4014

評価にはハンズオン資料をご活用ください

Blue Prismのセットアップが完了したら、早速、Blue Prism 6.6 の評価を行いましょう。Blue Prism 株式会社では、実際に画面を確認しながら、機能を学習できる、ハンズオンを提供しています。ハンズオンは資料だけでなく、実演動画も閲覧いただけます。

クラウドの評価版をご利用いただきたい方は、以下のポストをご参照ください。

オンプレミスでの無償評価版で、Blue Prism をお試しいただける幅が広がりました。ぜひともご活用ください。

Tags: 製品について

Back to All Posts
閉じる