ブログ | 2021年06月02日

インテリジェントオートメーションの時代に向けた市民開発者の育成 – 第4部

Citizen Dev 4 com resource 440x303

市民開発モデルを育成するには?

Gartner社は、業務担当者がノーコードまたはローコードの技術を活用して、独自のソリューションを開発する新しい方法として「市民開発者」という言葉を作りました。市民開発のコンセプトは急速に普及しており、いくつかの企業が独自の手法を取り入れています。Gartner社の報告によると、自動化プログラムを運用する企業の約61%が、独自の市民開発者イニシアティブを展開しています。

それでは、どうすれば組織内で自動化の市民開発者モデルの機運を高めることができるでしょうか?以下の図は、Blue Prismのお客様が成功した3つの実証済みのアプローチを示しています。

JP BP Citizen Developer 4 1080x554

また、市民開発の育成に注力するにあたり、トップダウンのリーダーシップが大きく関係していることも注目すべき重要な要素です。Emerson社の財務シェアードサービス担当副社長のポール・ファーガソン氏(Paul Ferguson)は、次のように述べています。「Emersonでは、経営陣の支援が充実しています。経営陣は、ビジネスレビューを行う際に、『自動化の状況はどうか』といった質問を投げかけますが、このようなリーダーシップの支援が、社内のさまざまなビジネス・ユニットが、私たち(CoE)に相談しやすくなるきっかけを作り出しています。」

まとめ

Blue Prismは、企業の品質、セキュリティ、およびコンプライアンスのためにITを通じて一元的に管理および統制され、企業内の権限移譲を促進します。自動化がCoE内で開発されたものでも、市民開発者によって開発されたものでも、オンプレミスまたはクラウド環境で一元的に管理し、安全、且つ監査可能で拡張性に富んだ環境を提供します。

私たちは、従業員、お客様、パートナーから構成されるBlue Prismのエコシステム全体で、市民開発者を歓迎し、サポートし続けます。

最後に、このブログシリーズの執筆に協力してくれたKalyani Pingle氏とAshish Easow氏に感謝いたします。

※当ブログは、”Embracing the Citizen Developer in the Intelligent Automation Era – Part IV”(英語)を翻訳し、日本市場向けに加筆・改編したものです。

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.