Casestudy Logo Dena
Share
Twitter Twitter Twitter Twitter

株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、従業員の労働環境をより良くする労務管理分野にRPAを適用し、多大な成果を上げました。「勤怠入力リマインドロボ」と「労働時間モニタリングロボ」の開発により、現場の作業負荷を最小限に抑えながら、すべての従業員の勤務状況をモニタリングできるようになったBlue Prism活用事例をご紹介します。

迅速な意思決定による高速な経営スピードが、急速な事業拡大を後押ししているDeNAでは、多様化と変化に柔軟に対応できるクラウドシステムを中心に社内システムを構成しています。Blue Prismが選択された理由として、主要な社内システムとして利用しているWEBアプリケーション上で動作できたことや、権限管理やログ出力、変更管理機能が充実していたことが挙げられています。ぜひベストプラクティスとしてお役立てください。

トピックス:

  • プロジェクト側で確実に管理できるRPAソフトウェア
  • RPAプロジェクトは、業務改善の機会を発見する好機
  • “作業工数の削減”でなく、“ロボットに任せられる作業工数” が基準
  • OCRソフトとの連携へ

公開先:

Sign Up to Download

* - required


Close