河内屋酒販株式会社:クラウド業務自動化ソリューションで、 ビジネスのスピード向上

首都圏に34の店舗を展開し、酒類・飲料を流通している河内屋酒販は、各店舗および本社での膨大な伝票処理に費やされる人的労力を削減するためにNECネクサソリューションズが提供するRobot as a Serviceを導入し、手入力で行っていた帳票処理工程を自動化しました。

NECネクサソリューションズのRobot as a Serviceでは、Blue Prismを利用するために必要なサーバー環境がNECネクサソリューションズのクラウドサービスとして標準的に提供されることに加え、自動化の開発や運用監視の代行、業務拡大などの支援サービスを月額サブスクリプションモデルとして利用できるようになっています。

試験的な導入から得られた確実な成果を受けて、河内屋酒販では、引き続きNECネクサソリューションズの支援の下、今後も自動化の範囲を広げて全社的に自動化を採用していくことを予定しています。

最新情報