3週間

スタッフの業務時間を削減

正確性

適切なシステムに情報を格納

ゼロ

貨物データを即座に転送・記録して、バックログをゼロに

Thomas Miller:Blue Prismのデジタルワーカーによって 運送貨物データを瞬時に提供

私たちは最初から戦略的なアプローチの必要性を正しく理解しており、それが私たちの自動化プロジェクトを成功させるための原動力となっています。
グレッグ・フレミング氏 Thomas Miller, CIO

最新の貨物データの提供にデジタルワーカーが活躍

Thomas Miller社は、世界100カ国以上に広がる拠点ネットワークを通じて、市場をリードする保険を提供しています。一般消費者向けの保険とは異なり、専門性が高く複雑な保険商品のため、年間の取引数量は多くなく、一件当たりの取引額が大きな保険商品を扱っています。Thomas Miller社はインテリジェントオートメーションを展開して自社の業務効率化を推進するには、従来とは異なるアプローチが必要になると考えていました。

課題

Thomas Miller社は、一般消費者向けの保険会社とは異なり、専門性が高く複雑な保険商品を提供しています。その一つが貨物保険です。貨物保険の払い出しには、ある船舶から別の船舶に貨物を移さなければならないことがあります。その貨物に関連するデータ移動は、物理的な貨物の移動に比べ、膨大な作業が必要になります。

1隻の船には数千におよぶ貨物が積載されており、関連データの移動には1件あたり5分から10分がかかることもありました。複数の貨物の移動には、移動する船舶数が掛け合わされるため、さらに膨大な時間とリソースが必要となり、なかには、最初のデータ移動から1年半が経過しているにもかかわらず、貨物の情報が更新されていないケースも存在していました。

ソリューション

貨物とその関連データを手作業で転送することは、非常に反復的で時間のかかる作業でした。また、人手で作業するには大きな負担がかかるため、作業は一筋縄ではいきませんでした。そこでThomas Miller社は、Blue Prismのデジタルワーカーを導入し、貨物の移動プロセスを自動化した結果、それまでスタッフが3週間かけて行っていた作業を数日で完了しました。これにより、適切なシステムに必要な情報が正確に格納されることになり、精度と効率性を向上しました。また、デジタルワーカーは貨物移送のプロセスを管理し、常に記録を更新するため、将来に保険を払い出すような場合でも、迅速に情報を引き出せるようになりました。

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.