450

デジタルワーカーが処理する
業務プロセスの数

コンプライアンス

欧州中央銀行の要件に対応

効率性の向上

OCRで構造化データに変換

Nordea:デジタルワーカーとOCRを活用して欧州中央銀行のコンプライアンス要件に対応

デジタルワーカーは、画像ファイルの抽出、OCRを利用した文書全体のデジタル化の一連の業務を実行します。
アニエスカ・ベロウスカ氏 Nordea社 自動化推進チーム責任者

フィンランドに拠点を置き、200年前に設立されたNordea社は、デジタル化された近代的な銀行です。ファイルの送受信が大量に行われていますが、多くのファイルが手書きまたは図版を含んでおり、Nordea社にとって解決すべき問題となっていました。同社は業務処理を高速化するために、OCRを統合した自動化を検討しました。最終的に採用されたのが、Blue Prismのインテリジェントオートメーションでした。

課題

銀行は変化への迅速な対応が求められています。デジタル化により、多くの銀行業務は便利になりましたが、すべてではありません。

Nordea社は、テキストベースの処理システムを使って、毎日大量のデジタル情報の処理を自動化していましたが、画像ベースのPDFなど、さまざまなファイル形式が利用されるようになり、従来のシステムでは自動化処理に限界があることが分かり、テキストベースのシステムと画像ベースのファイルの両方をシームレスに処理する方法を必要としていました。

ソリューション

Nordea社では、テキストベースの処理に対して積極的に取り組んでおり、OCR技術も活用していました。しかし、同社にとっての課題は、OCRを現在のシステムに統合し、手作業に頼ることなく、画像データを自動的に識別しデジタル化することでした。

その課題解決にBlue Prismが採用されました。Blue Prismのデジタルワーカーは、ファイルを受信すると、手書きの文字や図版を識別した後、OCRでスキャンし、テキストベースの情報に変換します。必要に応じて、システム登録まで行い、行員スタッフやデジタルワーカーが次の業務ですぐに利用できる状態にします。

このソリューションは、Nordea社が本社を非ユーロ圏のスウェーデンからユーロ圏のフィンランドに移転した際に特に有用で、欧州中央銀行(ECB)によるNordea社のリスクモデル評価にも利用されました。

Nordea社はOCRとインテリジェントオートメーションを使用して、非構造化された文書から顧客の取引データを読み取り、そのデータを社内のレポートに反映する機能を開発しました。このレポートはECBに審査書類として提出されており、銀行業務の継続的なコンプライアンス対応を支援しています。

最新情報