Daiichi life picture1
事例

メンテナンス性、安定性、堅牢性に優れたBlue Prismを採用し、CoE 方式で、3000 業務、45万時間の削減を目標に、RPAの全社展開に役立てる

Share
Twitter Twitter Twitter Twitter

第一生命保険株式会社(以下、第一生命保険)は、会社全体の生産性を高め、お客様によ りよいサービスを提供するために、デジタル化を積極的に進めている。その中、保険事務に関するバックオフィスのオペレーションの自動化の一環としてRPAプロジェクト に着手。

トピック:

  • 保険基幹業務
  • COE、RPAアンバサダー
  • 目標:3000業務自動化、保険業務35万時間、全社45万時間削減
  • 結果:本格導入1年で13.2万時間自動化
  • メンテナンス性、安定性、堅牢性

Sign Up to Download

* - required


最新情報

BP University 2
ニュースルーム

Blue Prism、テクノロジーの普及とRPAのイノベーションを加速させる学習プログラムの確立および知識共有コミュニティを創設

Blue Prismユニバーシティとラーニング エディション(90日間無償ライセンス)でRPAの知識とリソースの普及を促進

続きを読む
Oracle Thumbnail
ニュースルーム

Blue Prism、Oracleとの連携を強化し、デジタルワークフォースの新機能をリリース

Blue Prism、Oracleと統合を強化、エンタープライズ向けデジタルワークフォースの新機能の提供を発表

続きを読む
Jpn bp pr rel66 thumbnail
ブログ

Blue Prism バージョン6.6でオンプレミスでの無償評価版インストーラーを提供

Blue Prism バージョン 6.6 は、データ ゲートウェイの機能強化や FIPS 準拠など、さまざまな新機能をリリースするとともに、オンプレミスの評価版インストーラーも提供しています。Azure Marketplace での無償評価版はすでにご紹介していますが、オンプレミス版のご提供により、...

続きを読む
閉じる