1,500万ドル

相当の成果

15万時間

1か月間でビジネスに
再還元された時間

全社的な変革

幅広い業務に
大きな改善効果

Eversource:インテリジェントオートメーションを活用して顧客と従業員のエンゲージメントを高める

インテリジェントオートメーションは、当社の事業運営の中核に組み込まれつつあり、業務プロセスや顧客サービスを変革しています。
シェーン ・ココルダ氏 Eversource エンタープライズ ビジネス ソリューション担当副社長

ニューイングランドにある最大のエネルギー供給事業者であるEversource社は、同地域の400万人に電気、天然ガス、水道サービスを供給しています。Eversource社の優先事項は、顧客に安全で一流のサービスを提供することであり、常にサービスの改善を目指しています。同社はインテリジェントオートメーションを活用して、多くの事業部門で効果的な改善を行いました。

課題

大規模なエネルギーサプライヤーとして、Eversource社のビジネスモデルは複雑です。業務内容は、サプライチェーンや配送、計測、再生可能エネルギープログラムから、顧客管理や請求書や財務などのオフィス業務など多岐に渡ります。そのすべてを8,000人以上の従業員が担っています。Eversource社にとって、顧客サービスを向上させるために業務プロセスを改善することは最重要課題であり、透明性が高く、従業員からの賛同を得られる方法で業務を改善することが求められていました。

ソリューション

Eversource社は、インテリジェントオートメーションを展開するために、最初からオープンで協調的なアプローチを採用したいと考えていました。その達成に向けた重要なステップの1つが、従業員の調査を行うことでした。Eversource社のカスタマーオペレーションチームは、顧客が潜在的に抱えるストレスを特定し、顧客と対話する時のプロセスをどのように改善できるかについて意見を求められました。典型的な例のひとつが、請求についての特別な処理要求で、年間数十万件発生しています。

これらの業務には、請求書の遅延や修正が含まれます。デジタルワーカーは、これらの取引の多くをシームレスかつ正確に処理し、Eversource社の従業員は一流の顧客サービスを提供することに注力できるようになります。従業員から学んだことを応用して、Eversource社は、ビジネス全体にわたりBlue Prismのデジタルワーカーを活用して、50以上の自動化プロジェクトを実行し、大きな成果をあげました。また、デジタルワーカーは、年間数千件もおよぶ顧客の潜在的なストレスを解消しています。現在、デジタルワーカーは100万件以上の社内業務処理をを実施しており、従業員は、顧客体験の向上に専念することができるようになりました。さらに、Eversource社はこの自動化技術を活用することで1,500万ドル以上の定常的な価値を生み出しました。

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.