事例

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ:ブランドスローガン ~あなたのいちばんに~ の実現に向けた持続可能なビジネスモデルを産み出す体制作りとしてのデジタルワーカーとの協働

九州全域にネットワークを構築する地域展開型の金融グループ ふくおかフィナンシャルグループ (FFG) は、銀行事務効率化とオペレーションの堅確化を両立する手段として2017年に Blue Prism の導入を決定しました。

定型化された入力作業を人が処理する場合はそれなりの時間がかかり人的エラーの可能性がありますが、Blue Prism を活用し、担当者が判断していた処理を、ロボットによる厳格かつ自動的なオペレーションに置き換えたことにより、従業員は創造的な業務に時間を割いて顧客サービスの質を向上させると共にオペレーションリスクを排除しています。

FFG では、Blue Prism の「本番環境のみ課金」というライセンスモデルが大いに活用されていることに加えて、24 時間という枠の中で業務を、早朝・夜間もうまくスケジュールすることによって、ロボットに隙間時間を与えることなく有効に活用して最小のライセンスで最大限のROI 効果を挙げています。

最新情報