IBM作成Blue Prism 導入事例 [日鉄興和不動産] デジタル化で変わる不動産業界の「働き方改革」

企業が生産性と従業員の満足度の双方を向上させるためにはどうすればいいか。

伝統的な産業として知られる不動産業界の中でも日鉄興和不動産はその理想を叶えるために革新的な取り組みを行っている。
「人と向き合い、街をつくる。」を企業理念とする日鉄興和不動産は、オフィス移転をきっかけに働き方改革とデジタル化を一気に推進した。

紙の多い昭和時代のオフィスを一新。
時間や場所に縛られない令和時代の働き方が始まった。
その噂は同業・異業種を問わず広がり、この2 年間でオフィス見学に来た会社は3000 社を超える。

変革の柱の一つである業務のデジタル化は、インテリジェントオートメションプラットフォーム「BluePrism(ブループリズム)」と電子商取引プラットフォーム「Tradeshift(トレードシフト)」の導入によって進められた。

いかなる課題を持って、どのように解決したのか。
同社総務本部総務部長の鶴田悟氏、総務部マネージャーの藤尾貴史氏に変革の経緯を伺いつつ、不動産業界の展望を聞いた。

最新情報