市民体験の改善

80%

申請処理時間の短縮

迅速な支援

必要な時に提供される緊急支援

メンダール(Mölndal) :インテリジェントオートメーションにより、市民ニーズに対して迅速な社会的支援を実現

申請から資金が支払われるまで、現在は平均3~5日程度で実行されます。毎月来所して生活保護を申請する代わりに、必要とした時に自宅から申請できるようになったことは、市民と利用者の利便性を高めています。
アニカ・サミュエルソン氏 IT・デジタル推進責任者

スウェーデンの西海岸に位置するメンダール市は、人口およそ70,000人の自治体です。

市民が自立生活ができなくなった場合、自治体は社会的支援を提供します。支援は本当に切実になった時だけですが、申請が完了するまでに3週間かかる場合がありました。
メンダール市は、市民が必要な社会支援を受けるためのより迅速な方法を探しており、Blue Prismのデジタルワーカーをチームの一員として招き入れることにしました。

課題

すべての市民が十分にケアされることを確実にするために、メンダール市は、生活支援を求める人々に社会的支援を提供します。

支援を必要とする市民は、家賃、公共料金の支払い、その他にも保有金融資産など、現在の状況を説明するために、記入項目が多数ある申請書に記入して役所に提出しなければなりませんでした。メンダールは、できるだけ速やかな支援に努めていましたが、申請書の処理には最大3週間の時間を要していました。これは、緊急の助けを必要としている人々にとって、想定以上の待ち時間を強いることになっていました。

メンダールは、申請の処理時間を短縮し、人々から切望されている支援をより早く実施するための処理見直しを決意しました。

ソリューション

生活支援申請の審査は、複数の情報源から多くの情報を収集し、処理することが必要な労働集約的なプロセスです。
職員が手作業で完了するには、非常に煩雑で時間がかかる作業ですが、デジタルワーカーは、このような反復的なタスクの処理を得意としています。

メンダール市は、申請プロセスの見直し、申請処理をサポートするためのデジタルワーカーを導入しました。その成果は即座に結果となって表れました。
現在、市民は3週間も待つ必要はありません。申請から3〜5日後には指定された銀行口座宛に資援金が振り込まれるようになりました。
デジタルワーカーはプロセスを正確に処理しています。また、すべての申請を一貫して平等に扱うため、審査結果に曖昧さが排除されます。メンダール市は、申請プロセスをより細かく制御できるようになり、不適切な支援が少なくなったことによって、コスト削減になっていることにも気付きました。

さらに、申請書を処理する作業から解放されたメンダール市のソーシャルワーカーは、多くの時間を市民への直接的な支援に費やすことができるようになりました。しかし、最も重要なことは、デジタルワーカーを追加したことによって、支援を必要としている人々が、迅速に支援を受けられるようになったことです。

最新情報