1000万ドル

コスト削減

2人分のデジタルワーカー

130人分の事務業務を担当

付加価値の高い業務に集中

Mass General Brigham:インテリジェントオートメーションにより、271,000 時間の作業時間を職員に還元

マサチューセッツ州東部にあるMass General Brigham社は、 80,000人以上の職員、 13の病院を擁する州東部最大規模の医療機関です。大規模な機関であるだけに、多くの業務が存在します。
コロナパンデミックの後、同社のチームは、職員が患者の臨床業務に集中できるように、 Blue Prismに業務の自動化を相談しました。現在、事務作業はデジタルワーカーによって行われ、職員は本来の業務である患者のケアに専念できるようになりました。

課題

同社も他の医療機関と同様に、コロナパンデミック以前から、職員の燃え尽き症候群のリスクを抱えていました。事務作業に時間がかかりすぎ、場合によっては積み残しも発生し、精神的な負担に加えて経済的にもストレスとなっていました。

Mass General Brigham社は、事務処理に時間を費やすのではなく、職員と共に医療に関する貴重な知識を活用して、患者へのサービスを向上させたいと考えました。

そして、医師が非対面、あるいは実際の診察室で患者と向き合う時間をより持てるようにしたいと考えていました。しかし、患者の満足度と安定した収益を維持するためには、バックオフィスの事務処理を完了することが必要とされていました。

そこで経営陣は、Blue Prism のインテリジェントオートメーションに解決策を求めました。彼らは、組織内のすべてのプロセスを徹底的に洗い出し、いかに多くの部門がデジタルワーカーの恩恵を受けられるかの理解を深めました。

ソリューション

Mass General Brigham社は、新しいテクノロジーを導入するリーダーとして急速に成長しました。給与計算やサプライチェーンなどの全社的なプロセスの自動化から導入が開始された Blue Prism のデジタルワーカーは、現在では 10 の異なる業務分野で活躍しています。

関係するほぼすべての職員が、デジタルワーカーをポジティブに受け入れています。
すべてのチームを巻き込み、初日から明確な構造を組織することで、 Mass General Brigham 社は急速に自動化を展開しました。

職員はデジタルワーカーを脅威ではなく一緒に働く同僚として捉えており、デジタルワーカーが業務を担ってくれるようになったことで、患者のケアに集中できるようになり、職員の満足度も向上するという結果をもたらしています。
35以上のプロセスが自動化された Mass General Brigham 社では、同時に数十万ドルから 1,000 万ドル以上のコスト節約にも成功しています。

では、今後はどのような展開を予定しているのでしょうか。

訓練を受けた開発者のチームは、患者のメディケイドカードやメディケアカードの写真をアップロードして本人確認などの照合を行う新しい方法を検討しています。
Blue Prism は、予約や請求といった窓口業務も自動化することによって、患者体験をより充実したものにします。

最新情報