$200K

日次請求書作成への
切り替えにより改善された
月当たりのキャッシュフロー

2時間

請求書の発行時間
(以前は8-10時間)

98%

正確に処理された
請求書および領収書

Mercy Radiology:インテリジェントオートメーションを活用し、月20万ドルのキャッシュフローの改善に貢献

デジタルヘルスとデジタルテクノロジーは、患者へのサービスと、ケア提供のためのコストの両方に良い影響を与えることが分かりました
ロイド・マッキャン博⼠ CEO兼デジタルヘルス部⾨責任者 Mercy Radiology and Clinics

ニュージーランドを拠点とするMercy Radiology社は、13の診療所で最先端の診断を提供しています。

放射線治療(画像下治療)サービスを提供する同社では、請求書と領収書の発⾏を⼿作業で⾏っていました。そのため、発⾏には時間がかかり、ミスが起こることがありました。同社は、この業務プロセスを改善するための⽅法を模索していました。そこでBlue Prismのインテリジェントなデジタルワーカーを採⽤することを決定しました。

課題

ニュージーランドでは、他国の医療制度とは異なり、国⺠はACC(Accident Compensation Corporation)という制度を利⽤することができます。事故に遭った場合、医療費はACCによって全額負担され、これには診断費⽤も含まれます。これはMercy Radiology社が患者に対して請求書を直接発⾏しない場合があることを意味しています。

経理担当者は、放射線情報システム(RIS)で作成・保管された請求書について、患者情報の詳細が正しいことを確認したうえで、正しい⽀払者を⼿作業で検索し、オンラインポータルを通じて発⾏しなければなりませんでした。

不備があった場合は、修正されるまで⽀払いが⾏われませんが、修正作業には時間と労⼒がかかるため、週に1回しか実⾏できませんでした。

ソリューション

同社では、請求書の発⾏と受領のプロセスを⾃動化する⽅法を模索しており、パートナー企業に相談し、Blue Prismのデジタルワーカーを導⼊することにしました。親しみを込めて「マチルダ」という名前が付けられたデジタルワーカーは、請求書と領収書の発⾏業務を担うようになりました。今では、RISに請求書が記録されると、マチルダがそれを検出し、正しい⽀払者を⾃動的に判断して、オンラインポータルに登録します。同時に、マチルダは患者の詳細を国⺠健康識別⼦(NHI)番号と照合し、クロスチェックを実施します。

現在、マチルダは請求書の98%を⾃動処理しており、以前は⼈間のスタッフが8〜10時間かかっていた作業をわずか2時間で完了します。これにより、Mercy Radiology社は請求書の発⾏頻度を週単位から毎⽇発⾏できるようになり、時間を短縮しただけでなく、⽉に20万ドル相当のキャッシュフローの改善も実現しました。

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.