事例

NUHS:COVID-19の検査登録にデジタルワーカーを活用

1週間

デジタルワーカーが稼働するまでの期間

1/4

登録に要する時間を短縮

18時間

削減した一日あたりの作業時間

シンガポールに拠点を置くNational University Health System(NUHS)は、病院、国立の専門機関、大学病院などの機関をネットワーク化した医療向けの学術的なシステムです。COVID-19のパンデミックが発生したとき、NUHSはサービスに対する予想外の需要増加への対応が迫られました。これは、世界中の医療ネットワークが共通して抱える課題ですが、NUHSが解決のために採用したアプローチはデジタルワーカーの活用でした。

課題

COVID-19のパンデミックは、私たちの生活のほぼすべての側面に影響を与えています。その影響が最も顕著に現れている分野の一つが医療であり、NUHSはまさにその渦中にあります。シンガポール政府がCOVID-19への対策を進める中、NUHSは国家的なパンデミック対応の中核な役割を担いました。NUHSが医療支援を行っていた移民労働者の寮で、1日あたり最大1,000回の綿棒検査の登録と実施登録が必要でした。1回の検査につき登録には2分間がかかりました。しかし、登録しただけでは意味がありません。また、検査結果が戻されたら、それをシンガポールの関連ネットワークに迅速に伝達することが必要でした。パンデミックを防ぐという極度のプレッシャーのなかでは一刻を争います。NUHSがプロセスを迅速化するための支援を必要としていることは明らかでした。

ソリューション

NUHSは、Blue PrismのCOVID-19対応プログラムを活用することにしました。このプログラムは、デジタルワーカーのライセンスとサポートを無償で提供し、世界的な危機に最前線で対応している組織を支援します。今回の危機的状況を受けて、Blue Prismはデジタルワーカーを1週間という短期間で展開しました。これは過去の同類の展開と比べ、6倍も速くなっています。
同プログラムの支援を受けて、NUHSはデジタルワーカーを迅速に導入し、すぐにその効果を実感しました。検査の登録にかかる時間は、1回あたり2分から30秒に短縮され、一日あたり18時間の作業時間が削減されました。現在では、検査結果は医療システムとITシステムの両方に、素早く効率的に登録されています。NUHSではこれまでに27,000件以上の患者記録をこの方法で処理しており、検査の登録をデジタルワーカーに任せられるようになったことで、従業員は現場での患者ケアに時間を割り充てられるようになりました。

最新情報