1,200万ユーロ

3年間の削減コスト

+100%

18か月間の投資対効果

400プロセス

20の業務部門において自動化したプロセス数

Prosegur:革新的なデジタルワーカーにより、 高いROIと大規模なコスト削減を達成

当社はデジタルトランスフォーメーションを推進するドライバーとしてBlue Prismを選びました。インテリジェントオートメーションは、業務効率を高め、迅速でパーソナライズされた顧客体験を実現する能力を秘めています。
フェルナンド・シスネロス氏 コーポレートデジタル化 オートメーション・ロボティクス担当ディレクター

多国籍民間警備会社であるProsegur社は、世界26カ国にわたり、お客様に安全を提供しています。3年以上前から、業務効率の向上、迅速でパーソナライズされた顧客体験の提供、従業員が付加価値の高い業務に集中できるようにするため、デジタルトランスフォーメーション・プログラムを推進しています。

インテリジェントオートメーションにより、Prosegur社はこれらの目標を見事に達成し、2年連続でBlue Prism Customer Excellenceのグローバル賞を受賞しています。

課題

Prosegur社は、5大陸26カ国で事業を展開しており、全世界で17万人以上の従業員を抱えています。同社は、200以上の情報技術アプリケーションからなる複雑なエコシステムの運営に直面していました。インテリジェントオートメーションの導入にあたり大規模な計画を立てましたが、そのソリューションが既存のアプリケーションやシステムと容易に統合できることが最重要でした。

さらに、クラウド上で世界中にある複数の事業拠点間で簡単に拡張できるソリューションを必要としていました。また、Prosegur社のビジネスの性質上、当然ながら厳重なセキュリティ要件を満たしていることも必須でした。

ソリューション

Prosegur社は、革新的なアプローチにより、請求書の作成、法務、人事、セキュリティ、経理処理など、20の業務部門にも渡るBlue Prismのデジタルワーカーを導入し持続可能で拡張性のあるインテリジェントオートメーションを構築しました。

複数の地域拠点にわたり400ものプロセスを自動化しています。Prosegur社は、革新的なアプローチにより、持続可能で拡張性のあるインテリジェントオートメーションを構築しました。 Blue Prismは、ERPや請求書作成ツールなど同社のエコシステムを構成する200以上のテクノロジーを統合しています。

デジタルワーカーを、AIや機械学習、プロセスマイニングと組み合わせることで、その処理能力を拡張し、スピードと精度を最適化しています。特別に設定され「スーパーロボット」と名付けられたBlue Prismのデジタルワーカーは、シームレスな拡張を実現し、継続的な自動化の発展性を確保しています。「スーパーロボット」は、自動化すべき対象プロセスの評価に要する時間を95%削減しているだけでなく、コード開発のレビューによるエラーの発見、デジタルワーカーの稼働効率の監視、インフラやアプリケーションの問題点の指摘などを担当しています。

Prosegur社は、デジタルワーカーの機能を拡張するために、ハイパーオートメーションの取り組みも進めています。構造化されていない文書や電子メールは、Amazon AWSやGoogleのAIサービスを含む、さまざまなAIやコグニティブ技術によって管理されています。

予測分析では、データを効率的に分析して、月内のそれぞれの日毎におけるデジタルワーカーの平均処理時間を予測し、タスク実行時に起こりうる課題を特定します。さらに、アプリケーションのエラーを画像で検出してスタッフに通知するためのコンピュータビジョン機能をBlue Prismに統合するコネクターなども作成されています。

導入以来、少なくとも総額1200万ユーロ相当のコストを節約し、60万時間をビジネスに還元しており、さらに18か月以内の投資に対しては100%を超える投資対効果を達成しています。

最新情報