SCSK株式会社:Blue Prismの自動化を通じたBPR 推進、業務効率および品質の改善、そして標準化

SCSK株式会社は2017年、中期経営計画で全社業務効率化を掲げていました。

抜本的な業務の標準化を検討していく上で、SCSK では業務プロセスの標準化と基幹システム改修が検討されましたが、それに付随する時間とコストは現実的なオプションではありませんでした。

そのような流れの中で、短期間でのプロセスの標準化を通して大幅な省力化と作業品質の均一化を実現することが期待できるインテリジェントオートメーションの導入は自然な選択肢でしたが、どのソリューションを導入すべきかは難しい選択でした。

デスクトップ型からクラウド系のものまで、多くのソリューションが候補に挙げられましたが、12,000人以上の従業員を擁するSCSKにとっては現在の課題に適したソリューションを適切な形で導入しなければ、管理作業そのものが新しい負担になることは明白でした。

2017年のBlue Prism導入以来、SCSKでは8デジタルワーカーが稼働しています。現在では、SCSKの約1/8の規模を占める ITマネジメント事業部門をはじめとした6部門において、基幹システムのデータ登録業務とデータ取得業務に活用されており、ITマネジメント事業部門だけでも年間で約 96人月/14,400時間という多くの時間が削減されました。

最新情報