ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社:RPAが前提の業務設計に成功

So-netの運営やNURO 光の提供で知られている、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、Blue Prismを採用し、顧客のライフサイクルをサポートする業務のさまざまな場面で活用されています。通信キャリアのシステムとの連携部分など、システム化にコストのかかる定型業務などに適用し、月間900 ~ 1000 時間の業務時間削減効果を得た活用事例をご紹介します。

RPAの導入に携わった業務設計部運用課はさまざまな業務効率化に携わっており、中でも大きな改革になったのがRPAの導入でした。Salesforceをインプットとする業務と基幹システムからリストを生成し、それを通信キャリアのシステムに登録する業務へのBlue Prism実装が業務改善に大きな影響を果たしたご経験をベストプラクティスとしてぜひお役立てください。

トピックス:

  • 複雑で分岐の多い業務にフィット
  • プロジェクト対象範囲
  • RPA導入経緯
  • 業務をイメージしながら設計・開発
  • 導入に当たっての考慮
  • ノウハウを伝え、さらなる浸透を

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.