米国中小企業管理局 (Small Business Administration: SBA)による給与保護プログラム (Paycheck Protection Program: PPP) 申請手続きにBlue Prismのデジタルワーカーを活用

コンテンツが適切に表示されませんか?ウェブブラウザのCookieの設定に関連している可能性があります。

または下記のリンクをクリックして設定を確認してください。

動画を確認する video.blueprism.com

[当動画の内容]

米国中小企業管理局 (Small Business Administration: SBA)による給与保護プログラム (Paycheck Protection Program: PPP) 申請手続きにBlue Prismのデジタルワーカーを活用

新型コロナウィルス感染症対策の米国CARES法の施行に伴い、米国中小企業管理局(Small Business Administration: SBA)のCOVID-19救済活動の一環である給与保護プログラム(Paycheck Protection Program: PPP)が開始された。銀行は、中小企業の雇用を守るために、一刻も早く融資申請を処理する必要があった。ある銀行は、Blue Prismのデジタルワーカーをわずか数日で展開し、大量の申請書を手作業と比較して30倍以上早く処理することで、約10万人の雇用を守ることに貢献した。

課題

  • 銀行には、米国中小企業管理局(Small Business Administration: SBA)のCOVID-19救済活動の一環である給与保護プログラム(Paycheck Protection Program: PPP)のために、数千件の融資申請が殺到しました。
  • 中小企業の経営者は、申請プロセスにかかる時間に不満を感じていました。融資を迅速に行うことは、中小企業やその従業員によって死活問題であり、経済の再生のためにも非常に重要でした。

解決策

  • Blue Prismのデジタルワーカーを活用して、申請書の提出、審査、承認、引受け、SBAへの申請、支払いなどのプロセスをエンド・ツー・エンドで自動化
  • Blue Prismは、最新のテクノロジーや他のソリューションとの統合パーツが事前準備されており、ドキュメントからデータを迅速かつ正確に抽出する、関連システムを参照する処理などに、それらを活用
  • 事前準備された統合パーツの活用とパートナー企業の協力により、このソリューションをたった数日で銀行に提供

結果

  • Blue Prismのデジタルワーカーが関わった融資申請の99%は、申し込みと同じ日に処理された。
  • Blue Prismのデジタルワーカーは24時間体制で稼働し、手作業の場合と比較して、30倍以上早く処理を完了した。
  • ある銀行は、申請の承認プロセスを迅速化することで、約10万人の雇用を守ることに貢献した。
全て見る Videos

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.