ホワイトペーパー

2020年6月3日 ウェビナー資料:開発ベストプラクティス - 第3回:プロセス構築編

「良いロボット」とは「プロセスの姿勢にあり」、です。

この回では、プロセスの構築、設計におけるベストプラクティスを解説します。

安定性を高めるプロセスの作りは?
誰もがメンテナンスし易いロボットは?
パフォーマンスを劇的に上げるための仕組み作りは?

そんな、プロセス開発の際に気を付けなくてはならないことは何か?をお伝えします。

講演内容

  1. Whyベストプラクティス
  2. ワークキューについて
  3. 開発ベストプラクティス
    1. プロセスの構築
    2. プロセスの設計
  4. まとめ

※ 本資料は2020年6月3日に開催したウェビナーの講演資料です。

全3回 : ロボット構築のベストプラクティス、ポイント解説

RPAはRobotic Process Automationの文字のとおり、デジタルワークフォース(ロボット)が人に代わってプロセスを自動化します。RPAの運用成功は、このロボットの開発をうまくできるかどうかがポイントになりますが、ロボット開発のノウハウは、公開されている情報として少ないことも事実です。だからこそ、その安定性やメンテナンス性、パフォーマンスの高め方などロボット開発に携わる担当者にとっては悩みが多いのではないでしょうか?そのようなお悩みを解決するための開発ベストプラクティスを全3回にわたるウェビナーとして解説します。

全3回スケジュール