ホワイトペーパー

2020年10月21日 ウェビナー資料:Blue Prism Interactご紹介ウェビナー

「自分の手元のPCで動かす手軽なRPA」は、手軽さと引き換えにコスト増やセキュリティレベルの低下、運用の難しさを引き起こしてきました。これらに加えて、今日ではライセンス体系の変更で、さらなるコスト増大が起きています。

このままでは日本のRPAへの失望感が広がり、RPAの真価が日本で発揮できなくなってしまいます。

そこで、Blue Prism は従来より提供していた低コストで集中管理可能なソリューションに加え、「自分の手元のPC」を起点としたリアルタイムの起動リクエストを集約して実行する新製品「Blue Prism Interact」を投入します。このような「サーバー型のAttended方式」によって、RPAの本来の価値をお手頃なコストで発揮する方法を解説いたします。

※ 本資料は2020年10月21日に開催したウェビナーの講演資料です。

最新情報