Blue Prism Intaractが人の介在を要する自動化プロセスの実現にどのように貢献できるのか、本ウェビナーにてご紹介いたします。

業務自動化の推進により、業務スピード・生産性は向上しています。

しかしながらすべての業務を自動化することは難しく、人の判断を要する業務も存在します。

Blue Prism Interactは、人間とデジタルワーカーの連携を容易にするインタフェースであり、人の介在を要する自動化プロセスを実現し、フロントオフィスの業務を支援いたします。

コード不要な入力フォームの作成方法や、実業務を想定したInteractとBlue Prism連携の流れなどをご覧いただき、Blue Prism Intaractが人の介在を要する自動化プロセスの実現にどのように貢献できるのか、本セッションにてご紹介いたします。

※ 本資料は2021年3月24日に開催したウェビナーの講演資料をダウンロード用に一部編集しています。

最新情報