Blue Prism は、お客様からの要望に基づいて、ユーザエクスペリエンス改善、拡張性強化、多様なユースケースへの対応を継続しています。今回、5/18に提供を開始したBlue Prism Version 7 に実装された新機能のポイントについて紹介します。

Blue Prism Version 7では、お客様のDX推進を担う基盤として、今後の機能強化や拡張の要望にもしなやかに適応し続けるためのさまざまな機能を実装していますが、本セッションでは、内部通信量を削減するアーキテクチャ改変、APIを活用したデジタルワーカー制御、ブラウザベースのコントロールルーム、Citrix対応の新機能を中心に解説します。

※ 本資料は2021年6月2日に開催したウェビナーの講演資料をダウンロード用に一部編集しています。

最新情報