ホワイトペーパー

Blue PrismによるSAP導入/刷新の補完

本資料では、昨今機運が高まる基幹システムの刷新、その中でも大きな市場シェアを占めるERPパッケージであるSAPに焦点を当て、SAP導入・刷新にあたり、RPAがどのように活用できるのか、その時に求められる要件は何であるかを解説する。

SAPには複数のバージョン(SAP ECC、S/4HANA)があり、様々なインターフェースを持っている。このため、自動化の方式も多岐にわたる。Blue PrismによってSAPを自動化する場合、SAP GUIを自動化するための専用機能(SAPモード)が提供される。この機能はSAP GUIを高速かつ安定して操作することが可能な機能であり、これによりSAP ECCとS/4HANAの両方を自動化することが可能になる。

構成

はじめに

  • 基幹システム刷新の機運の高まりとRPA
  • RPAの活用:アドオン・プログラムの削減
  • RPAの活用:現場の業務負荷を下げる

SAP自動化でのRPAの要件

  • SAP自動化の要件
  • SAP自動化の実績
  • 基幹系システムと同じように扱えるRPA
  • Blue Prismは費用対効果に優れたRPA

SAPの自動化方式

  • どの自動化方式を用いるべきか
  • SAP GUI自動化の価値

まとめ