本資料では、昨今機運が高まる基幹システムの刷新、その中でも大きな市場シェアを占めるERPパッケージであるSAPに焦点を当て、SAP導入・刷新にあたり、RPAがどのように活用できるのか、その時に求められる要件は何であるかを解説する。

SAPには複数のバージョン(SAP ECC、S/4HANA)があり、様々なインターフェースを持っている。このため、自動化の方式も多岐にわたる。Blue PrismによってSAPを自動化する場合、SAP GUIを自動化するための専用機能(SAPモード)が提供される。この機能はSAP GUIを高速かつ安定して操作することが可能な機能であり、これによりSAP ECCとS/4HANAの両方を自動化することが可能になる。

構成

はじめに

  • 基幹システム刷新の機運の高まりとRPA
  • RPAの活用:アドオン・プログラムの削減
  • RPAの活用:現場の業務負荷を下げる

SAP自動化でのRPAの要件

  • SAP自動化の要件
  • SAP自動化の実績
  • 基幹系システムと同じように扱えるRPA
  • Blue Prismは費用対効果に優れたRPA

SAPの自動化方式

  • どの自動化方式を用いるべきか
  • SAP GUI自動化の価値

まとめ

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.