David Chappell Logo
ホワイトペーパー

Understanding TCO for RPA – The Blue Prism Example

Share
Twitter Twitter Twitter Twitter

David Chappell, a respected Silicon Valley technical guru has conducted a third-party technical analysis on Blue Prism enterprise RPA.

Since a primary goal of process automation is to lower costs, anybody looking at RPA needs to think hard about the total cost of ownership (TCO) of the RPA solutions they’re considering.

This white paper walks through the elements of RPA TCO. We’ll use Blue Prism as a concrete example throughout, but we’ll also compare Blue Prism’s TCO with that of another approach to RPA: Robotic Desktop Automation (RDA). The goal is first to provide a model for thinking about RPA TCO, then explain how and why Blue Prism TCO differs from the TCO of using RDA products.

Sign Up to Download

* - required


最新情報

ニュースルーム

Blue Prism、テクノロジーの普及とRPAのイノベーションを加速させる学習プログラムの確立および知識共有コミュニティを創設

Blue Prismユニバーシティとラーニング エディション(90日間無償ライセンス)でRPAの知識とリソースの普及を促進

続きを読む
Oracle Thumbnail
ニュースルーム

Blue Prism、Oracleとの連携を強化し、デジタルワークフォースの新機能をリリース

Blue Prism、Oracleと統合を強化、エンタープライズ向けデジタルワークフォースの新機能の提供を発表

続きを読む
Jpn bp pr rel66 thumbnail
ブログ

Blue Prism バージョン6.6でオンプレミスでの無償評価版インストーラーを提供

Blue Prism バージョン 6.6 は、データ ゲートウェイの機能強化や FIPS 準拠など、さまざまな新機能をリリースするとともに、オンプレミスの評価版インストーラーも提供しています。Azure Marketplace での無償評価版はすでにご紹介していますが、オンプレミス版のご提供により、...

続きを読む

©2020 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, “Thoughtonomy”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.