David Chappell, a respected Silicon Valley technical guru has conducted a third-party technical analysis on Blue Prism enterprise RPA.

Since a primary goal of process automation is to lower costs, anybody looking at RPA needs to think hard about the total cost of ownership (TCO) of the RPA solutions they’re considering.

This white paper walks through the elements of RPA TCO. We’ll use Blue Prism as a concrete example throughout, but we’ll also compare Blue Prism’s TCO with that of another approach to RPA: Robotic Desktop Automation (RDA). The goal is first to provide a model for thinking about RPA TCO, then explain how and why Blue Prism TCO differs from the TCO of using RDA products.

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.