RPA入門ヘッダー1

Blue Prismが提供する

RPAとインテリジェントオートメーションの究極のガイド

RPAやインテリジェントオートメーションの導入を検討している場合、あるいは最新のトレンドを把握したいと考えている場合、洞察に富み、先見性のある戦略的なアイデア、実践的なアドバイスなどが満載の「RPAとインテリジェントオートメーションの究極のガイド」(RPA入門)がお役に立ちます。

RPAやインテリジェントオートメーションを導入して、改良するとともに、隠れた危険を回避し、人の労働力とデジタルワーカーの共同作業を成功させる方法をご紹介します。

2020年は、誰もが忘れることのできない時代の幕開けとなりました。そして、RPAやインテリジェントオートメーションが、現在そして将来にわたって企業の生き残りと繁栄に不可欠なツールとして新たな関心を集めるようになりました。RPAやインテリジェントオートメーションに初めて触れる方も、この急成長中の業界の最新トレンドについて関心をお持ちの方も、この究極のガイドをご活用いただけます。Blue PrismはRPAの開拓者として、戦略的な自動化目標の立案、自動化テクノロジーの導入、成長する自動化プロジェクトの管理と保守、事業拡大に備える自動化プログラムの拡張性について熟知しています。

取引量、人材、需要、消費者の期待など、避けられない変化を乗り切り、真の運用の機敏性を実現するには、RPAとインテリジェントオートメーションで何を実現できるかをしっかり見定める必要があります。また、空白を埋め、安定した自動化のジャーニーを成功まで導く、適切なサポートやガイダンスも必要です。そのため、この究極のガイドは、対象となる領域の専門家やソートリーダーによって書かれており、まさにこの目的のために作られています。

毎月、デジタルトランスフォーメーションを実現するための重要なステップに焦点を当てた新しいコンテンツを公開しています。このページをブックマークして、新しい記事をチェックしてください。

何でもご質問にお答えいたします。今すぐエキスパートにご相談ください。

セクション1

RPAおよびインテリジェントオートメーションの定義

RPAとインテリジェントオートメーションの究極のガイドのセクション1では、RPA、インテリジェントオートメーション、ハイパーオートメーションの違いを学びます。オートメーションに関する一般的な用語については、用語集を参照してください。さらに、企業でインテリジェントオートメーションが必要となる5つの理由、および「エンタープライズグレードのインテリジェントオートメーション」が従来のRPAとは何が違うのかについてご説明しています。

第1章: RPA、インテリジェントオートメーションとハイパーオートメーションの違い 第3章: 組織でインテリジェントオートメーションが必要とされる理由トップ5 第4章: エンタープライズグレードのインテリジェントオートメーションとは何か、また従来のRPAと異なる点は何か。 第5章: RPAテクノロジーが人間の仕事を奪う?