公益事業: エネルギーおよび公益事業の変革

公益事業の大変革の時代:新たな競争、新しいテクノロジー、新しい資源

新たな競合の出現、再生可能エネルギーの急速な成長、顧客からの新しいデジタルサービスに対する期待、など、エネルギーおよび公益事業は前例のない大変革に直面しています。こうした変化に順応し、なお一層進化しようと試みる事業者は、老朽化し​​たインフラストラクチャを引き続き保守し、目まぐるしく変わる各種法令・規制を順守した上で、運用効率を改善し自社の中核事業を強化する必要があります。

connected-RPA (コネクテッドRPA) を活用し、顧客中心のデジタル組織を実現

競合企業は、簡単でシームレス、かつタイムリーに提供されるデジタルサービスに対する顧客からの期待の高まりを逆手に取って、ビジネスの成長を試みています。connected-RPAは、堅牢でかつ顧客中心のサービスを提供し、短時間でコストを抑えながら、新しいテクノロジーをレガシーシステムに有機的に連携させるのに役立ちます。

卓越した顧客サービスを提供

  • 新しい支払いオプションをコスト効率よく提供
  • 一貫性があり、よりパーソナライズされた顧客との対話
  • シームレスなオンボーディング、料金変更、アカウント更新

円滑な請求手続き

  • メーター情報と複数の異なるシステムを瞬時に結合
  • メーターからの例外的な値を調査し、請求書を自動的に修正
  • 顧客のエクスペリエンスを向上させるために、請求システムを正確に維持

常に変化する各種法令・規制に適応

  • 新しい規制要件に、より短時間で俊敏に対応
  • プロアクティブな自動監査によりコンプライアンスのリスクを軽減
  • 精度の高いコンプライアンス対応レポートを作成

重要なアセット管理を合理化

  • プロアクティブで適応性のある一貫したインフラストラクチャの保守を実現
  • 在庫管理と注文管理を最適化
  • サービスの復旧加時間を短縮と安全性の向上を実現
業務シナリオを選択
カスタマーサービス
カスタマーサービス 請求および支払 アセット管理 サプライヤーライフサイクル管理 規制コンプライアンス サイバーセキュリティ管理 回収

卓越した顧客体験の実現

カスタマーケアサービスは、エネルギーおよび公益事業者とその顧客をつなぐ重要な接点です。応答時間を短縮する一方で顧客状況に応じた高品質のサービスを提供することにより、顧客満足度を向上させます。

アウトバウンドカスタマーサービス

デジタルワーカーは、顧客への支払リマインダーからパーソナライズされたオファー、料金変更告知、料金請求方式通知に至るやり取りを一貫して担います。

顧客アカウントの管理

アカウントの有効化と無効化に関連する業務を合理化し、複数のシステムにわたる顧客情報の更新を最小限にします。

クレーム管理

レター管理を自動化して、顧客に進捗状況が定期的に通知されるようにします。コンプライアンスチェックを実行して、未処理のクレームが放置されないようにします。

料金請求方式の確認

デジタルワーカーは、プリペイ顧客に正しい料金請求方式が適用されているかどうかを確認し、必要に応じて顧客に通知します。

円滑な請求および支払サービスを作成

顧客は、サービスの利用に対する正確な請求と簡単な支払方法を期待しています。複数のシステムにまたがる複数のデータソースからメーターを読み取る場合、そのデータを使用して円滑な請求処理を行うことが難しい場合があります。一方で、シームレスな支払い方法を実現するために、レガシーアプリケーションとサードパーティアプリケーションを統合しなければならずコストがかかります。コネクテッド-RPAは、こうした大きな課題のソリューションになります。

メーター読み取り値の照合

スマートメーター、顧客、サードパーティのメーターリーダー、推定値など、複数のソースからメーター読み取り値を自動的に収集します。

請求例外管理

メーターの測定値は複数のソースから取得されるため、データが一致しないこともめずらしくありません。デジタルワーカーを使用して例外を自動的に調査し、最も信頼性の高いメーター読み取りソースを確認して基幹の請求システムに修正を適用することにより、請求エラーを回避し顧客体験の低下を防ぎます。

使用状況の確認機能

デジタルワーカーは、使用量が異常に多い、またはマイナスになっているアカウントを確認し、エラーを修正したり、詳細情報を要求します。

モバイル決済調整

顧客が簡単に支払えるよう、従来の請求システムをサードパーティのモバイル決済アプリケーションと統合します。デジタルワーカーは、モバイル決済からデータを取得し、基幹の請求システムを更新し、手動の介入なしに決済を調整します。

重要なインフラ資産の保守支援

重機から電気ケーブル、発電所に至るまですべて対象とする公益事業部門にとって、管理は大きな課題です。これらすべてが、継続的かつ効果的な安全性監視と保守を必要とします。デジタルワーカーは、資産を効果的に管理および保守するために役立ちます。

保守計画

保守および安全性チェックの定期的なスケジューリング、および現場からのレポートに基づく再スケジューリングの要求を自動化します。

資産の更新

エンジニアが現場の資産と複数のバックオフィスシステムを自動的に更新して、正確さと一貫性を保証し、SLAを維持できるようにします。

プロアクティブな発注

商品の在庫状況を照合し、サプライヤーへの発注を自動化することにより、プロセスの所要時間を短縮し、遅延を防ぎます。

予測

エネルギーグリッド全体のIoTセンサーとデバイスから膨大なデータセットを収集して集約し、予知保守と予測を行えるようにします。

サプライヤー管理の改善によるパフォーマンスの向上

サプライヤーとの複雑な関係を維持して管理することは、効果的なサプライチェーンと効率的な生産にとって不可欠です。インテリジェントオートメーションにより、公益事業者は、サプライヤーポートフォリオを監視し、パフォーマンスを最適化し、費用対効果を高め、規制要件を確実に満たすことができます。

サプライヤーオンボーディング

デジタルワーカーは、承認されたサプライヤーを正確かつ効率的にセットアップするために必要なデータと文書を取りまとめます。

契約管理

正確かつタイムリーなサプライヤー契約を作成します。さらに、契約の再交渉に十分な時間を確保するために、更新期日を監視し、アラートします。

パフォーマンス管理

デジタルワーカーは、サプライヤーのパフォーマンスを契約上のSLAに照らして測定し、問題を早期に浮き彫りにし、必要に応じて対処できるように適切なデータを取りまとめます。

組織のコンプライアンスリスクを軽減

規制変更への対応や準拠が難しい場合があります。デジタルワークフォースは、新しい規制に素早く対応し、変更が運用コストに与える影響度合いの把握に役立ちます。

規制準拠

初期から新しい規制プロセスへの準拠を自動化することにより、ヒューマンワークフォースのトレーニングコストを削減し、ヒューマンエラーのリスクを低減化します。

パフォーマンスレポーティング

デジタルワーカーは、データを収集してレポートを作成し、規制のパフォーマンスとサービスレベル契約(SLA)を示します。

監査

社内レビューを自動化して潜在的なコンプライアンスの問題を事前に特定することにより、監査コンプライアンスを遵守します。

影響の測定

規制が運用コストに与える影響を規制の前と後で自動的に測定します。

サイバーセキュリティ管理者を支援

悪意のある活動の脅威が部門全体で増大するにつれ、サイバーリスク管理の重要性が増しています。攻撃を受けた結果、顧客データが消え、競争力が低下し、重要なインフラストラクチャが失われることがあります。サイバー攻撃の潜在的な影響は明確で重大です。セキュリティ管理の要素を自動化することで、リスクを最小限に抑えることができます。

セキュリティーツールの保守

デジタルワーカーは、アンチウイルスなどのセキュリティアプリケーションを監査して、実行と有効期限を確認し、必要に応じて更新します。

社内コンプライアンス

社内のセキュリティポリシーに対する定期的なチェックを自動化し、情報が抜け落ちて予防可能な脆弱性が残ることのないようにします。

データポリシーの適用

デジタルワーカーを使用してデータが不適切な場所に保存されていないことの確認やデータのアーカイブを実行するなど、あらゆる形態のデータ侵害のリスクを低減化します。

アクセス管理

自動化を使用してITシステムおよび施設へのアクセスを制御および保守し、従業員が必要なタイミングと場所でのみアクセスできるようにします。また、デジタルワーカーは、一貫したアクセス要求とアクセス削除の方法を保証します。

回収コストの低減

期限超過の債務を最小限に抑えることで、エネルギーおよび公益事業者は事業の健全性を保ちます。回収プロセスの合理化は、不良債権を低減させ、それに関連するコストを削減するために不可欠です。

回収訪問の更新

回収エージェントは、訪問ステータスと債権回収が成功したかどうかに関する最新情報を提出します。デジタルワーカーはこの情報を用いてすべての登録情報をミスなく自動的に更新します。

ケースファイルの準備

デジタルワーカーは、回収アクションを進める前に、信用情報サイトの検索などを実施して、顧客情報を取りまとめます。この自動化された検証により、不必要な訪問によるエージェント稼働の無駄をなくします。

詳細はお問合せください

Blue Prismは、お客様のビジネスの成長をサポートします。エネルギーと公益事業の課題にRPAを適用することで、どのようなメリットがあるかお確かめください。

connected-RPA (コネクテッドRPA) が効果的な理由

コンプライアンス対応

  • 包括的で反証することができない監査ログ
  • エンドツーエンドでオブジェクトとプロセスの変更履歴
  • システムとプロセスの詳細な実行ログ
詳細(英語)

大規模展開

  • 再利用性が高く、組織内での共有が容易なオブジェクトとプロセス
  • 1 デジタルワーカーへの複数プロセスの割り当て
  • 1 プロセスの並列実行処理
詳細

RPA展開の方法論とツール

  • プロセスディスカバリーツール
  • ロボティックオペレーティングモデル(ROM)
  • サクセスアクセラレーター
詳細

セキュリティとアクセスの制御

  • Veracode Verified Continuous 認定 
  • 開発環境と実行環境の分離
  • ディスクレベルの暗号化とデータマスキング
詳細(英語)

パフォーマンスと安定性

  • データベース レイヤーでの自律的回復力
  • ハイブリッドクラウドのサポート
  • 生産性と効率の向上
詳細(英語)

インテリジェントな機能を拡張

  • DXからドラッグ&ドロップでAIスキルの取り込み
  • AIラボとイノベーションセンターによる最新技術の提供
  • データゲートウェイ機能で、データをAIに活用
詳細

お客様の声 (United Utilities)

How United Utilities achieves industry-leading customer service with smart automation

United UtilitiesがどのようにBlue PrismのRPAを活用しているかご参照ください。

事例を読む(英語)

©2020 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.