インテリジェントオートメーションの実際の役割は?

世界中の企業は、Blue Prismのデジタルワークフォースプラットフォームを採用することで、日常的な作業をデジタル化し、コストを削減しています。また、顧客満足度(CSAT)を向上させて新たな収益源を獲得し、従業員のキャリアを支援しつつ、驚異的な成果を達成しています。

部門別ソリューション

インテリジェントなRPAを企業全体の多数の業務部門に導入することにより、グローバル企業は、財務・運用面で著しい成果を見出しています。

昭和リース株式会社:年間2万時間の業務をロボットで自動化へ

メインフレームにも対応できる網羅性を評価し、Blue Prismを採用いただいた活用事例

「当初の100業務で年間2万時間を削減できると見込みました。現在の34業務では、年間8,358時間を削減できています。Blue Prismのロボット(デジタルワーカー)はメインフレームを含むすべてのシステムの画面や出力の内容を読み取り、入力もそつなくこなすことができています」
藤本 裕哉氏 昭和リース株式会社、営業サポート部門 オペレーション企画管理部 部長

最新情報

Bp Dx Banner
News

Blue Prism、Digital Exchangeを発表 使いやすいインテリジェントオートメーションスキルを提供するマーケットプレイスによってベスト オブ ブリードのテクノロジーが利用可能に

顧客、開発者、およびパートナーコミュニティからの貢献によりインテリジェントデジタルワークフォース機能を強化

続きを読む
Bp Generic Thumb
News

Blue Prism、新しいアフィリエイトテクノロジーアライアンスパートナーシップにより、インテリジェントオートメーション機能をさらに拡充

K2、Loop AI Labs、re:Infer、RossumがBlue Prismの技術提携プログラムおよびパートナーエコシステムに参加、業界で最も幅広く革新的なインテリジェントオートメーションを実現

続きを読む
Bp Chart Banner
News

Blue Prism、単一の環境で複数の事業部門にわたり、デジタルワーカーをセキュアに導入できる初のRPAプラットフォームを発表

マルチチーム環境とGoogle Chromeのネイティブサポートを提供する新機能によりデジタルトランスフォーメーションを加速

続きを読む
Close