We are Blue Prism.

RPAソフトウエアのパイオニアとして提供している当社のソフトウエア ロボットはデジタルワークフォースを実現します。IT部門によるガバナンスとセキュリティ方針に基づいて構築し、事業部門が活用するデジタルワークフォースです。このことにより、さまざまなスキルを備え、疲れ知らずの自立したソフトウエアロボットが、ミスなく、ルールベースの作業をこなし、従業員はより価値ある業務に集中できるわけです。

設定が容易. 非侵襲的. エンタープライズ セキュリティ

 

Blue PrismのRPAソフトウェアは、エンタープライズ管理環境の下で成功するデジタルワークフォースを実現します。

詳細は、以下の動画でご覧ください。

Blue Prismについて
RPAについて
Blue Prismとあなたのビジネス
RPAの背後にあるテクノロジー

Blue Prism®は、より俊敏性に優れたバーチャル ワークフォースを企業や組織に提供する、RPAソフトウェアを開発しました。

デジタルワークフォースは、コスト効率に優れ、ルールベースの業務プロセスに従い、ユーザーが日常的に行うのと同じようにシステムを操作します。当社は、セキュリティ、一貫性、信頼性、スケーラビリティに優れたデジタル ワークフォースを編成するための支援をします。 また、デジタルワークフォースは優秀な人材の手間を軽減し、それぞれが能力を最大限に発揮できる仕事に専念することを可能にします。デジタル ワークフォースというソフトウェア ロボットはこのために開発しました。

RPA  ロボティック プロセス オートメーションとは?

RPAではデジタル ワークフォースが、ルールベースの業務プロセスを「人」と同じようにシステムを機敏に操作して実行します。Blue Prismはこのことをはるかに効率的にできるようにします。 セキュリティ、一貫性、信頼性、スケーラビリティも優れています。また、Blue PrismがBPMやフロント オフィス生産性支援ツールなど、従来のITソリューションを補完することも重要なポイントです。Blue Prismは、コーディング不要で事業部門による管理が可能な、統制とガバナンスが組み込まれたユニバーサルで一貫性したバックオフィス オートメーション プラットフォームを提供します。

エンタープライズテクノロジー:
ビジョン&リアリティ

従業員とIT部門の役割分担が完璧であれば、従業員は顧客と接し、アイデアを共有し、改善に取り組みます。そして、IT部門はビジネスルールやロジック、一括処理や一貫した意思決定を実装します。 ところが実際は、IT部門はビジネスのニーズが変化するスピードで調整や開発を行うことができないことが多々あります。 このため、従業員はシステムとプロセスの間のギャップを埋めることに奔走し、本当に重要な仕事に専念できないという状況が発生しています。

エンタープライズテクノロジー:
デジタルワークフォース

Blue Prismを導入することで、従業員は顧客との対話を通じて、判断し、改善することに専念できるようになります。そしてRPAテクノロジーはビジネス ルールやロジック、一括処理、一貫した意思決定を実装することができます。 Blue Prismデジタル ワークフォースは、ビジネスが変化するペースに対応するエンタープライズ テクノロジーを提供します。

ソフトウェア・オートメーションを利用する理由

各事業部門の要求によって、戦略的ITプラットフォームのカスタマイズが必要になることもしばしばありますが、・ソフトウェア ロボットは特定のソフトウェアをカスタマイズすることに代わる手段を提供します。 これにより、3つのメリットが得られます

既存のエンタープライズ ソフトウェアとの境界が開発の制約ならないため、より柔軟かつ迅速に低コストでソリューションを実装できます。

ストラクチャ、ガバナンス、監査を可能にするレイヤを備えているため、複数のプラットフォームやテクノロジーにわたってプロセスの自動化を一元的に管理実装することができます。

オートメーション ライブラリは、個々のシステムの接点を識別して更新し、組織がシステムの変更に対して、より迅速に対応できるようにするための機能を備えているため、コーディングを行ったり、ソフトウェア プロジェクトを立ち上げたりする必要がありません。

この手法は、デジタル ワークフォースの導入、管理、統制のための堅牢なフレームワークを推進します。 このプラットフォームを積極的に活用して、 銀行業務、公共事業、通信事業、医療、BPOのような最も要求の厳しい業界で、業務の機敏性を実現します。 厳しく要求されるセキュリティ、データの整合性、耐障害性はBlue Prismプラットフォームの中核にあるため、規制が非常に厳しい分野に対応するソリューションとしても利用されています。

デジタルワークフォースとの遭遇

Blue Prismのソフトウェア ロボットを、デジタルワーク フォースと考えてください。 これは、あたかもユーザーが各種アプリケーションを使ったり、アプリケーション内およびアプリケーション間を移動するように、既存のユーザーの操作を自動化することを可能にするワークフォースです。 当社のエンタープライズ プラットフォームは、本来人間が手動で行うか、既存のITシステムをカスタマイズすることで実行していたプロセスを自動化する機能を備えています。 従来のIT開発とともに採用した場合、Blue Prismは、高度な自動化により、テクノロジーの利用範囲を拡大し、投資を削減し、導入スピードを加速します。

既存のユーザーアクションの自動化

ソフトウェア ロボット

ソフトウェア ロボットは、汎用性に優れています。また、高い柔軟性を備えており、ITセキュリティを拡張するように構築されています。RPAプラットフォームは、既存のアプリケーションのユーザ インターフェースと対話するように設計されています。 これは、ソフトウェア ロボットが、ユーザーが日常的に行う場合と同様に、安全に、ただし制御された環境でアプリケーションにログインし、プレゼンテーション レイヤを操作することを意味しています。 これには、以下の2つの明白な利点があります:

  • 通常のユーザーと同じ境界内(セキュリティ制御およびアクセス権限など)で操作し、非侵襲的(アプリケーションの整合性を損なわない)である。
  • 完全にテクノロジーに依存しないため、シンクライアント(Citrixなど)を含め、どのようなアプリケーションでも使用可能。

これらの利点は、ロボティック・プロセス・オートメーションを全業種で活用できること、およびデータ駆動型でルールベースの処理が行なわれているどのような機能にも適用できることを意味しています。

ロボティック・プロセス・オートメーションを使用した自動化プロセスのエンドツーエンド配布ライフサイクルは、非常に短い期間です。 実際、あるプロセスは、僅か1カ月~2カ月の期間内に本番レベルの強度を持つように構成され、テストされ、展開され、稼働しています。 従来のITプロジェクトとは対照的に、各プロセスが稼働環境に展開されるにつれ、利点が徐々に実感されます。 ロボティック・プロセス・オートメーションの取り組みでは、多くの場合、1年以内に投資額回収が達成され、センター・オブ・エクセレンス(CoE:中核的研究拠点)機能確立のコストは、組織にもたらされる利益によって容易に正当化することができます。

Blue Prismでは、分散化され、相互接続されたデジタルワークフォースを使用して、業務の柔軟性を実現します。 ソフトウェアロボットの訓練には、人間の訓練に比べると多少の時間が余計にかかりますが、1度プロセスの知識がロボットの1つに埋め込まれると、その知識はすべてのロボットに埋め込まれることになります。 その結果、完全な制約のない拡張性が得られます。 この利点は、エンタープライズ・ロボティック・プロセス・オートメーション機能のその他の特長を考えると、雪だるま式に増大していきます:

オートメーションのライブラリが構築されると、再利用可能な共有コンポーネントの一元管理されたリポジトリが作成され、これにより拡張可能で、メンテナンス可能なロボティック・オートメーション・プロセスの基盤が形成されます

ロボティック・プロセス・オートメーションの効果的なプラットフォームでは、システムの相互作用点またはオブジェクトの再利用が可能であるため、新しいプロセスを非常に迅速に組み立てることができます。

オートメーションは、一元的にスケジュール設定および管理がされるため、全体の業務負荷を利用可能なすべてのロボットランタイムリソースに分散させることができます。
連結されたワークフォースのアクティビティや意思決定は、中央の1つの知識ベースで行われるため、組織の業績、改善が必要な領域、新しい収益やお客様の満足度を向上するための機会の可能性を即座に確認できる管理を実現します。

ロボティック・プロセス・オートメーションを使用して、需要のピークと終息期にデジタルワークフォースを投入してリアルタイムに対応することで、業務の需要は非常に効果的に管理できます。 トレーニングや採用のための諸経費も必要ありません。

バックオフィスのタスク

また、デジタルワークフォースは、人間の同僚とは、別個に動作します。 ソフトウェアロボットは、疲れることも、飽きることもありません。したがって、純粋なトランザクション処理の観点から見ると、定型的、反復的、そしてルールベースの作業では、はるかに高い効率性を実現します。 重要な点は、これによって人間は、コミュニケーション、共感、判断に基づいた問題解決など、より高価値の活動に専念できることです。

ソフトウェアロボットは、24時間365日稼働できます。 また、最も面倒で反復的な活動も、高い精度で中断することなく、実行します。 データ検証や、大量のデータサンプルからの特定の情報の消し込みや読み込みなどの活動は、多くの場合、ロボットの方が人間よりもはるかに高速かつ緻密に実行できます。 その結果、生産性は人間が行う場合に比べて、最低でも2倍、最大で10倍まで拡大します。

精度向上
24時間年中無休