形式: PDF | 容量:
508KB

Lloyds Banking Group事例 デジタル トランスフォメーション ジャーニー

Lloyds Banking GroupのHead of Continuous Improvement & RPA Gerald Pullen氏と、Symphony VenturesのJames Johnson氏による、RPAの「内製化」への取り組みについてご紹介します。Lloydsが目指している、「顧客にとって最高の銀行」を実現するために、常に顧客体験の始点から終点に焦点を当て、RPAの運用にも適用されている取り組みについてお話いただいたセッションを文字起こししました。

Lloyds Banking Groupは創業250年、英国全体で3千万を超える顧客、75,000人の社員、2,000の支店を有しています。 Lloydsでは、RPAを個別のプロジェクトではなく、変革への重要なアプローチとして位置づけ、周辺で起きていることを知覚できる、創造力に富む全社横断的なメンバーで構成されたチームが顧客体験の劇的な改善に取り組んでいます。 トピックス

  • 柔軟な研修プログラムが成功要因の要になっています。Blue Prism ロボット運用モデル(ROM)の中核としてのCOE(Center of Excellence)の機能と役割のなかでも紹介されています。
  • Symphonyチームがリードし、Lloydsチームが追随して、ディスカバリー(気付き)プロセス、早期プランニングと設計に集中し、自らリードできるようになることに注力しました。
  • RPAの導入は、社員からできるだけ大きな価値を引き出すとともに、エンゲージメントを可能な限り高めることにもなります。
  • Blue Prismを選択した理由は、監査証跡、プロセスの再利用性、スケーラビリティでした。
Lloyds Banking Group事例 デジタル トランスフォメーション ジャーニー

形式: PDF | 容量:
508KB