contact

お問い合わせ

ブログ | 2023年12月19日

ESGレポーティングソフトウェアの使用が重要である理由

ESGレポーティングソフトウェア
Table of Contents

組織に役立つESGレポーティングソフトウェアソリューションの構築

組織は、環境、社会、ガバナンス(ESG)のパフォーマンス改善に向けた規制当局、投資家、従業員、顧客からの高まる需要を目の当たりにしています。現在、インテリジェントオートメーション(IA)テクノロジーおよびESGレポーティングソフトウェアを使用することで、これらの需要に応えることがより実現可能になっています。

WonderBotzおよびGLYNTは堅牢なESGソフトウェアソリューションを開発するために協力してきました。WonderBotzのInvoiceBotzがデータを収集する一方、GLYNTがデータを処理してレポートを生成します。

ESGレポーティングとは

ESGコンプライアンスは、環境と社会に対する影響および企業やビジネスのガバナンスの収集、測定、レポーティング、改善に関する主要な要素を意味します。ESGレポートではこれらの要素を公表して、組織のESGパフォーマンス、リスク、機会、行われた改善を紹介します。これは、企業のアクティビティに透明性を提供するように設計された、データに基づくレポーティングです。

ESG関連の法律は、組織の環境への影響、従業員、顧客、サプライヤー、コミュニティなどの人の処遇、これらに関する組織の制御と透明性を改善するための政府のアプローチです。組織のESG認証は、ブランドの信頼と説明責任に影響を与えます。

断片化されていた環境や社会に関する法律は、最近になってようやくESGフレームワーク内で統合され始めました。これは地域政府の優先事項の影響を受けながら、数年かけて進化し続けるでしょう。しかし、世界の主要な経済組織内で取引するために、組織は強力なESG認証を報告する必要性がますます高まっています。

環境への影響を測定する方法

環境への影響は、地球への直接または間接の影響によって測定されます。これには排出量やその他の汚染物質、資源の消費、これらを削減するための計画と進捗状況が含まれます。

目標:排出量の削減。

理想:カーボンニュートラルを実現し、気候リスクに対処する。

二酸化炭素およびその他の温室効果ガス(GHG)排出量は、適切に名前がつけられたスコープ1、2、3という3つの範囲で測定されます。

  • スコープ1は、組織が直接制御する資源からの排出を対象にしています。例えば、企業の車両などによって燃焼された化石燃料が該当します。
  • スコープ2は、外部資源から発生するエネルギーなど、組織によって発生した間接的な排出を指します。例えば、組織のオフィスビルで使用される電気の生成による排出が該当します。
  • スコープ3には、組織によってもたらされる排出ではなく、企業の製品を使用している顧客や、企業が使用している製品を製造しているサプライヤーによってもたらされる排出が関係します。

社会への影響を測定する方法

社会への影響は、組織が人々をどのように扱っているかを評価することで測定されます。これには従業員、顧客、サプライヤー、コミュニティなどが含まれ、健康と安全、仕事の満足度、幸福とメンタルヘルス、給与と福利厚生、多様性、公平性と包括性、人権などの基準が使用されます。

目標:組織が人権と多様性に確実に対応するようにする。

ガバナンスへの影響を測定する方法

コーポレートガバナンスのレポーティングでは、組織は内部統制と意思決定プロセスを公表する必要があります。これには取締役会の多様性、リスクガバナンス、倫理基準などが含まれる場合があります。

目標:トップレベルの説明責任と、政府規制への準拠およびデータセキュリティを確保する。

ESGレポーティングソフトウェアを使用すべき理由

ESGレポーティングソフトウェアは、処理および分析のためにデータを収集することで、レポーティングプロセスを簡素化します。このソフトウェアによって、ユーザーは必要なデータを含む正確なレポートを容易に生成できるようになります。そのレポートは、その後関連する規制当局に提供できます。組織はいくつかの理由から、ESGレポーティングソフトウェアを検討すべきです。ただし、すべてのESGソフトウェアにこれらのすべての機能が含まれているわけではないことに留意してください。どのソフトウェアが組織の要件に最も適しているかを調べることが重要です。

コンプライアンスと規制要件

多くの国と地域は、特定のESGレポーティングソフトウェア要件を含む規制を導入しています。ESGレポーティングソフトウェアは、組織がこれらの規制に準拠し続け、法的および経済的な処分を避けるうえで役立ちます。

透明性と説明責任

ESGレポーティングソフトウェアによって、組織はESGパフォーマンスに関する透明性のある正確なESG開示を提供できるようになります。これにより、説明責任が促され、利害関係者との間に信頼が築かれ、持続可能性に関するレポーティングを通じて責任あるビジネスプラクティスに向けた取り組みが実証されます。

データの正確性と一貫性

ESGレポーティングには、さまざまなソースからの膨大な量のデータの収集と分析が伴います。ESGレポーティングソフトウェアは、正確性、一貫性、規制レポートコンプライアンスを確保するうえで役立ちます。この自動化されたデータ収集は、組織がE、S、Gの要素を改善するのを支援できます。

パフォーマンスベンチマーキング

一部のESGレポーティングソフトウェアにはベンチマーキング機能が備わっており、組織は自社のESGパフォーマンスを業界の同業他社と比較できます。これは、改善すべき領域を特定し、有意義な持続可能性の目標を設定するうえで役立ちます。

人々のエンゲージメント

ESGレポーティングソフトウェアは、投資家、顧客、従業員および企業のESGパフォーマンスにますます関心を持つようになっているその他の利害関係者とのエンゲージメントを促します。

リスクマネジメント

ESGの問題は財務および評判に関するリスクを招く可能性がありますが、ESGレポーティングソフトウェアは、潜在的なESGの脆弱性に関する洞察を提供することで、これらのリスクを特定し、軽減するのを支援します。

コスト削減

ESGレポーティングソフトウェアはデータ処理とレポーティングを自動化し、管理と運用のコストを削減します。その結果、さらに長期的な節約が実現します。

意思決定

ESGレポートは、組織の長期的な持続可能性と回復力に関する貴重な洞察を提供することができます。ESGレポーティングソフトウェアによって、組織はESGと持続可能性の目標および価値に沿った、データに基づく意思決定を行うことができます。

競合優位性

ESGの考慮事項が投資家や顧客にとってますます重要になってきているため、ESGパフォーマンスとレポーティングに優れた企業は競合他社の中で目立つ存在になります。ESGレポーティングソフトウェアは、これらの取り組みをサポートし、企業が市場で自社を差別化するのを支援できます。

ESGレポーティングソフトウェアで使用されているテクノロジー

専用のESGレポーティングソフトウェアを使用すると、巨大なデータセットを扱う大規模な企業の場合は特に、多くの悩みの種をなくすことができます。特定のESGレポーティングソフトウェアは、エラーや情報の欠落を減らし、一貫したレポートを確立するうえで役立ちます。これは多くの場合、規制上の義務となっています。

必要なソースデータにアクセスする際の障壁を乗り越えるためにロボティックプロセスオートメーション(RPA)をAI(人工知能)および業務プロセス管理(BPM)と組み合わせたものであるIAを利用することで、組織はエンドツーエンドのESGフレームワークを作成できます。

レポーティングソフトウェアを選ぶ際は、効率と投資利益率(ROI)を考慮します。優れたソフトウェアを使用すれば、人の介入を最小限に抑えながら、必要なデータを迅速かつ正確に処理できます。

データ収集の自動化

SS&C Blue PrismのIAは、インテリジェントなデジタルワーカーをデプロイしてソースデータの収集という繰り返しのタスクを実行することで、データの一貫性とアクセシビリティを確保します。IAは、タイムリーで正確な、監査可能かつ安全な方法で、幅広いESGソースデータを収集します。さらに、それを行う際のカーボンフットプリントは、人間が同じことを行った場合よりはるかに少なくなります。

IAは構造化および非構造化ソースからデータを収集し、アクセス可能なデータベースで使用できるようにするか、ESG処理およびレポーティングソフトウェアに直接提供します。

ESGレポーティングソフトウェアでレポートが使用できるようになったら、オプションで、IAを使用してこれらのレポートを配布および提出したり、アーカイブに追加したり、処理されたデータをERPシステムまたは他のESGソフトウェアに送信したりすることができます。

勢いを強めるインテリジェントオートメーション

現在、ESGレポーティングはいっそう簡単になっています。WonderBotzおよびGLYNTは堅牢なESGソフトウェアソリューションを開発するために協力してきました。WonderBotzのInvoiceBotzがデータを収集する一方、GLYNTがこのデータを処理してレポートを生成します。

請求処理

InvoiceBotzは、SS&C Blue Prismのインテリジェントオートメーションで構築された請求書処理の自動化ソフトウェアです。AIを使用して請求書データを読み取り、項目に至るまで理解します。公共料金の請求書などの複雑な様式も解釈し、支出をコスト、場所、ベンダーなどのさまざまなカテゴリーに整理します。請求書が支払いのために処理されている間、後のレポーティングのために、自動化によってESGデータを保存できます。

レポートの作成

InvoiceBotzには、費用レポート、積荷目録、サプライヤーの請求書からデータを取り込む能力が備わっています。関連するデータを抽出したら、GLYNTが参加し、データに基づく正確なESGレポートを生成します。このレポートは、その後、適切なチャネルを通じて提出できます。

レポーティングおよびデータ収集

CC-InteractiveのESG-SmartBoardも、ESGレポーティングを容易にするツールです。このツールはSS&C Blue Prismのデジタルワーカーと連携してレポーティングプロセスを合理化し、データ収集を簡素化します。さまざまなソースからESGデータが自動的に収集され、処理されて、オンラインダッシュボードで可視化されます。ESGダッシュボードは編集可能であるため、デジタルワーカーがすべてのデータ収集作業を続行しながら、変化するレポーティング要件に簡単に適応することができます。

ESG-SmartBoardは、各従業員に個別の目標と改善アクションのリストを提示することで、組織のESG戦略に対する従業員のエンゲージメントとコミットメントを後押しするように設計された、もう一つの優れたレポーティングツールです。

ウェビナーを視聴して、ESG-SmartBoardによってESGレポーティングが容易になる仕組みをご確認ください。

次に行うべきこと

ESGレポーティングはまもなく多くの組織で必須のものになるでしょう。必須でない場合も、ベストプラクティスです。ですから、まだ始めていない場合は、今こそESGソリューションのオプションを調査する時です。データの収集、処理、レポーティングで構成される完全なエンドツーエンドのソリューションを利用すれば、規制当局の厳格な要求に応える正確でタイムリーかつ適切なレポートが作成されて、時間と費用が節約されるでしょう。

WonderBotzGLYNTがこの分野で取り組んでいることの詳細をご確認ください。

ESGソリューションによってコンプライアンスが確保され、透明性が高まり、説明責任が促進されます。これらはすべて、利害関係者および顧客との間に信頼を築くうえで不可欠です。また、データ収集およびレポーティングプロセスが合理化されて、組織内でより効率的にリソースが割り当てられるようになります。

このソフトウェアによって、組織はESGパフォーマンスのベンチマークを設定し、改善すべき領域を特定し、有意義な持続可能性の目標を設定することができます。これにより、長期的な成長が促され、競合優位性がもたらされます。

ESGレポーティングは単なるコンプライアンスの問題ではありません。これは、グローバル市場をリードし、社会と環境にプラスの面で貢献したいと考えるあらゆる組織にとって、戦略的必須事項です。