情報通信

インテリジェントオートメーションによる通信業界の業務自動化とビジネスの成長

通信業について想像力を働かせてみましょう

通信事業者は困難な変革の時代に直面しています。優れた顧客体験を提供し、コストを削減し、新たに5Gサービスを収益化する必要があります。通信事業者がデジタルワーカーを活用して5Gを展開して拡大する方法、インテリジェントオートメーションの導入により顧客に大切に扱われていると感じてもらう方法、通信プロバイダーが修理の時間を短縮する方法についてご覧いただけます。

インテリジェントオートメーション:情報通信の変化の波をリードする

通信事業者が直面する課題は、デジタル時代にますます増大しています。最先端のサービスを最適な価格体系によって中断なく提供することで、顧客体験全体の継続的な向上を図る必要があります。

5Gなどの新しいテクノロジーにより、消費者と企業に新サービス導入の大きな可能性をもたらす業界全体の根本的な変化が起きています。拡張現実を利用したモバイルショッピング、自動化製造工場、スマートシティにおける信号、パーキングメーター、コネクテッドカーの接続といった新しいテクノロジーの展開により、通信速度、カスタマーサポート、サービス提供の点で需要が生まれることになります。

5Gの到来により大量のデータ、多数のユーザーサブスクライバー、処理能力需要の大幅な増加が見込まれ、顧客の期待も高まっています。通信事業者にとってはこの需要に備えることが重要です。顧客の高まる期待に応えて収益目標を達成できるかどうかが、それにかかっています。Blue Prismのインテリジェントオートメーションは、通信事業者がこうした変化に対応するために役立ちます。インテリジェントオートメーションにより、通信事業者は投資効果を実現でき、導入時のスピードと効率、そして5G展開時の敏捷性がもたらされます

通信業界の変化を推進しているものは何か?

Blue Prismはお客様のビジネス上の課題をどのように解決できるでしょうか

ソリューション領域の選択
5Gテクノロジーの実用化
5Gテクノロジーの実用化 コンタクトセンターの変革 バックオフィスの変革 IT管理

5Gワイヤレステクノロジーは、今後数年間、通信業界を席巻していくと考えられています。

5G関連の市場拡大機会と新たな収益源の最大限の活用を目指す通信事業者は、5Gを収益化する新しいビジネスモデルを構築するとともに、音声案内テクノロジー、IoT、コネクテッドカーやコネクテッドホームなど、他の最先端分野の5Gテクノロジーを考慮する必要があります。

通信事業者がネットワークの5G化に注力する一方で、バックオフィスのプロセスの多くもアップグレードしないとすぐにボトルネックになってしまい、コストがかかります。

課題:

  • 5Gは4Gと比べてキャパシティが2倍必要になります。
  • ただし、5Gの導入手法は手作業のプロセス、メールベースのコミュニケーション、連携性のないオフィスツールに依存しており、5Gの拡張性にとって最適なものではありません。
  • そして現在、ネットワークオペレーションセンターはテクノロジー中心で、技術者には問題をすばやく診断して解決するための効果的な方法がありません。

Blue Prismのインテリジェントオートメーションテクノロジーはどのように活用できるでしょうか

  • インテリジェントオートメーションにより、新しい5Gテクノロジーの導入やアップグレードをすばやく行えるようになります。
  • 正確な在庫管理により、売上拡大が見込めます。
  • デジタルワーカーが、これまで手作業でしていた反復的な作業を代わりに行うため、ヒューマンワーカーの接客時間を増やすことができます。
  • ネットワークオペレーションセンターでインテリジェントオートメーションを活用し、解決時間を短縮し、業務コストを削減します。
  • エンドツーエンドのAI/ML予知保全モデルを通常のビジネスシステムに組み込むことで、運用効率を最大限に高め、障害の発生をすばやく予測します。
続きを読む

コンタクトセンターの変革

これまでのコールセンターでは電話を中心とした問い合わせに対応してきましたが、現在はオムニチャネルコンタクトセンターとなり、メール、ライブチャット、メッセージ、そして時にはFacebook Messengerなどのソーシャルメディアチャネルを使って、膨大な量の問い合わせを管理しています。最高品質、最高効率のサービス提供が求められる多くのコンタクトセンターでは、常にプレッシャーにさらされています。ただし、複数のレガシーシステム、高い離職率、トレーニングや再教育のコスト、拡張性などの問題から、プレッシャーから脱するのは容易ではありません。

コンタクトセンターにおけるインテリジェントオートメーションは、マルチチャネル環境において、顧客の識別や反復的な仕事に必要な時間を大幅に短縮します。その結果、通信事業者はCSATスコアを改善し、従業員の離職率を低減できます。これらを組み合わせることでコストを削減し、顧客エクスペリエンスをデジタル化して競争力を高めることができます。

バックオフィスの変革

通信事業者にとって運用の複雑さがコストの引き上げにつながっていることは周知の事実です。電気通信業界では一般に多くの企業と同様、複数の事業部を運営しており、レガシープロセスが部門ごとに異なるという問題があります。バックオフィス機能がサイロ化されていて、プロセスや規制要件が異なる傾向にあります。

プロセスを標準化するなら、業務コストを削減できますが、ここでインテリジェントオートメーションが重要な役割を果たします。経理、IT、人事、サプライチェーン、調達など、インテリジェントオートメーションを導入できる従来型の部門は多数あります。通信事業者の目標は、運用コストを抑えながら収益を上げることです。このため、まず手始めにインテリジェントオートメーションをバックオフィス機能に導入するのがおすすめです。

IT管理

ネットワークの構成とセキュリティの自動化

通信事業者は、将来のテクノロジーに投資するには運用コストを削減する必要があります。Blue Prismでは、ネットワークプランニングや実装などのプロセスを自動化します。これによりコストを削減してネットワーク効率を高め、スタッフには本来の業務タスクに専念してもらうことができます。

新しいネットワーク要素の構成

IT部門が管理するデジタルワーカーは、NMSシステムの新しいネットワーク構成とアクティベーションを自動的に処理するため、エンジニアの時間とリソースを節約します。

セキュリティ脅威の管理

マルウェアなどのセキュリティ脅威の監査を自動化し、脅威のインパクトを評価して解決策を示す監査プロセスを実行するようにデジタルワーカーを割り当てます。

パフォーマンス監視

SLAの測定・監視やネットワーク利用状況の管理を自動化することで、将来のネットワークの最適化に活用できます。

最新テクノロジーの導入

インテリジェントオートメーションにより、5GやIoTなどの新しいテクノロジーを導入し、新たなサービスと収益を生み出せます

コンタクトセンターの変革を計算する

インテリジェントオートメーションは世界中のコンタクトセンターに真のビジネスバリューをもたらし、迅速な投資回収を可能にしています。

顧客はこれまで以上に、良いサービス、迅速なサービス、パーソナライズされたサービスを求めています。Blue Prismを導入することで、わずか数秒で顧客の360度ビューを取得でき、オペレーターはパーソナライズされた体験を提供できるようになり、顧客維持と売上増加が可能になります。

コンタクトセンターの自動化でどれほどの成果が得られるか計算してみませんか?

成果を計算しましょう

通信事業者がインテリジェントオートメーションを活用して5G運用を自動化することが必要な理由

インフォグラフィックのダウンロード
通信業cs 1440x678