保険業

インテリジェントオートメーションによる保険会社の変革および顧客エクスペリエンスの向上

保険を内側から変革する

私たちは世界中の保険会社と協力し、組織がビジネスの戦略的優先順位に対応し、卓越した顧客体験を実現する、RPAを超えたインテリジェントオートメーションを提供しています。そして、保険業においても同様の変革を実現します。

保険業におけるデジタルトランスフォーメーションの実現:求められていること

保険業界ではデジタルトランスフォーメーションの導入プロジェクトが実施されていますが、従来の課題は変わっていません。レガシーシステム、相互運用性、サイロ化した機能やチーム、予算のプレッシャー、複雑な事業構造などは、いずれも乗り越えることが難しい高いハードルとなっています。

インテリジェントオートメーションは、保険のすべての課題を解決する万能なソリューションではありませんが、Blue PrismのRPA、AI、オートメーション管理ツールの強力な組み合わせは以下の3つの重要な分野で活用できます。

  • 既存の構造やシステムを活用して効率化
  • スタッフの負担を軽減し、パフォーマンスを高める
  • イノベーションを実現し、新たな収益を生み出す

Blue Prismをチームに加わることで、組織全体の変革という視点から計画を立案でき、価値実現までの最短ルートでプロジェクトの目標を達成できます。

事業の重点分野でインテリジェントオートメーションを導入する

Blue Prismが貢献する分野

ソリューション領域の選択
顧客体験
顧客体験 保険請求管理 不正防止およびコンプライアンス バックオフィス

顧客ごと要件に最適化された体験

顧客要件に最適化された保険を実現するのは簡単ではありません。組織の一部で実現することはありますが、企業全体に展開されることはまれです。インテリジェントオートメーションを導入し、効率化に注力することにより、顧客や従業員に優れた体験を提供しつつ、収益を増加させることができます。

見積および購入/引受

顧客に直接販売する場合でも、代理店を通して販売する場合でも、デジタルワーカーは現場での「見積購入」プロセスと複雑な引受プロセスの両方を支援できます。その結果、すばやく正確な見積書や契約書を作成できます。

中間調整

中間調整の方法にかかわらず、デジタルワーカーはこのプロセスを標準化し、データを信頼できる唯一の情報源にします。また、契約の変更をすばやく処理し、最終的にシームレスな顧客体験を提供します。

カスタマーサービス

コールセンターのオペレーターが優れたカスタマーサービスを提供できるようにするには、接客に集中できるツールが必要です。インテリジェントオートメーションは、オペレーターがシステムをより効率的に使用できるようにし、チャネルへの接続、顧客データの標準化、迅速なドキュメント処理を支援します。その結果、カスタマーサービス担当者の通話回数や通話時間、顧客の待機時間を減らすことができます。

更新手続き

保険の更新手続きには料金設定や契約書類の作成など、さまざまな作業が求められますが、デジタルワーカーの導入により、これらの作業をすべて効率化し、スタッフの時間を接客に充てることができます。

請求管理の点と点を結ぶ

簡単な請求であっても、人とシステムの両方に複数のタッチポイントが存在します。私たちがお手伝いできることは、請求プロセスをインテリジェントオートメーションで接続し、改善することです。そして、デジタルワーカーにより顧客の請求をすばやく処理し、請求1回あたりのコストを削減することで、すべての関係者にメリットをもたらします。

損害調査と支払査定

請求の最初の重要な段階で、デジタルワーカーは正しいデータと書類を収集して処理し、顧客に進捗状況を十分に伝えます。インテリジェントオートメーションにより、損害調査と支払査定のデジタル化を実現します。

請求調整

簡単な生命保険の請求でも、複雑な災害保険の請求でも、デジタルワーカーを活用することで、データ関連の手作業を軽減し、接客に時間を割くことができます。

決済

支払いが確定するとデジタルワーカーが稼働し、請求の決済処理に入ります。また支払・経理部門と顧客の間に入り、すばやく支払いを行います。

相互運用性

デジタルワーカーは人と同じようにアプリケーションを利用するため、APIや繰り返し作業によるデータ入力は必要ありません。Blue Prismのデジタルワーカーはレガシーシステムだけでなく、最新のシステムやソフトウェアにも対応しているためスピード、一貫性、正確性を確保できます。

不正行為を減らしコンプライアンスを維持

競争の激しい市場では、不正行為による損失を減らすことで、収益に大きな改善を生み出します。インテリジェントオートメーションでは、AIとデータ分析ツールを使用して、不正検知と防止に必要な堅牢なプロセスを実装します。新しい規制や法令遵守も極めて重要です。デジタルワーカーは、コンプライアンスにかかるコストを抑え、高い水準の維持を支援します。

不正防止

AIを搭載したデジタルワーカーが見積、購入、請求に関わる不正な書類やデータを検知します。特に、請求履歴や個人データ、その他の情報をチェックし、購入時の不正防止を強化するとともに、申請時の異常をチェックします。

コンプライアンス

デジタルワーカーはコンプライアンスを確保するために、複数のシステムを自動的にクロスチェックし、チームと連携して時間のかかるコンプライアンス関連の手続きを自動化します。デジタルワーカーはソルベンシーIIなどのコンプライアンスレポートを作成し、配信することもできます。

バックオフィス自動化による投資回収

バックオフィスは保険会社の中核を担うといっても過言ではありません。デジタル化の計画や業務自動化のロードマップを策定する時は、バックオフォス機能も考慮するようにしてください。それはROIの大きな源泉となり、デジタルワーカーの導入効果が発揮される分野でもあります。

会計部門

請求書の照合から保険金支払いのサポートまで、デジタルワーカーが対応できる経理プロセスは無数にあります。会計部門の自動化は、確実にROIを生み出します。

人事(HR)

保険会社の人事部門は人手不足に悩まされる傾向がありますが、取締役会、従業員、採用担当者から高まる期待に応えることが求められています。デジタルワーカーは人事チームが重要なパフォーマンス目標を達成するための貴重な戦力となります。

保険計理人業務

保険はデータから成り立ちますが、情報を入力し、抽出し、照合するには多くのヒューマンワーカーの時間が必要となります。デジタルワーカーは手作業で行われていたデータ作業を補完することで、保険計理人の業務を支援します。

IT部門

IT部門は業務チームをサポートする必要があるだけでなく、開発中の業務システムのバックログを管理しなければなりません。デジタルワーカーはこのバックログの管理を改善します。

コンタクトセンターの変革効果

インテリジェントオートメーションは世界中のコンタクトセンターに導入効果をもたらし、投資費用の迅速な回収を可能にしています。

顧客はこれまで以上に、自分に最適化されたサービスを求めています。Blue Prismを導入することで、顧客ごとに最適化された体験を迅速に提供できるようになり、顧客維持と売上増加が可能になります。

コンタクトセンターの自動化でどれほどの成果が得られるか計算してみませんか?

成果を計算しましょう

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.