エネルギーおよび公益事業

顧客を中心としたハイブリッドな組織の構築

顧客体験の向上による差別化

公益事業者は顧客満足度を向上させつつ運営コストを削減し、競争力を維持しながら厳しい規制やコンプライアンス基準を満たしていく必要があります。

Utilities campaign 440x303

公益事業の大変革の時代:新たな競争、新しいテクノロジー、新しい資源

公益事業では激しい競争、厳しい規制、環境の持続可能性、インフラの老朽化や人材の高齢化などに直面しています。安価でクリーンかつ再生可能エネルギーの需要など、大きな動きも起きており、事業を成長させることは容易ではありません。

従来のエネルギー会社や公益事業会社がレガシーアセットや激変するコンプライアンス環境への対応に苦慮している間に、新たなプレイヤーが顧客を獲得しています。コストを削減し、お客様に提供するサービス品質を向上させる解決方法を見つけ出すことは重要課題になっています。

エネルギーおよび公益事業の変化を推進しているものは何か?

Blue Prismはどのような役割を果たしているのか?

ソリューション領域の選択
顧客体験
顧客体験 アセット管理 請求および支払い 回収の低減 規制コンプライアンス サプライヤー管理

顧客体験の変革

この数年で新たな競合の出現や規制の厳格化により、顧客の期待は大きく変化し、顧客体験を向上させることの必要性が高まっています。顧客はオンラインでのアクセス、デジタルチャネル、個別に最適化されたサービス、およびセルフサービスを求めています。ただし、企業はこれらの要素を提供するのと同時に、レガシーインフラや従来の仕事の進め方、文化的な商習慣にも対処していかなければなりません。インテリジェントオートメーションがその解決を支援します。

コンタクトセンターの変革

コンタクトセンターにインテリジェントオートメーションを導入することで、CSATスコアが向上すると同時に、従業員の定着率を高め、運用コスト削減とオンラインにおける顧客体験が大幅に向上し、競争優位性をもたらします。

アウトバウンドカスタマーサービス

デジタルワーカーは、顧客への支払リマインダーから、料金変更通知やプランと料金の通知のパーソナライズされたオファーまで、お客様に対して一貫した対応を行います。

顧客アカウントおよびクレーム管理

アカウントの有効化と無効化に関連する業務を合理化し、複数のシステムにわたる顧客情報を更新します。更新を自動化することにより、顧客に定期的な進捗状況をお知らせし、コンプライアンス基準を維持することができます。

オムニチャネル仮想エージェント

顧客と会話するチャネルを増やし、すばやく成果を実現し、コストを削減します。顧客の要望をすばやく把握し、目標を達成するために必要な専門知識を提供できます。

詳細はこちら

重要なインフラ資産の保守支援

デジタル資産管理では、資産の計画、構築、運用に必要なデータをほぼリアルタイムで収集し分析できます。これは重要インフラの検査と評価の多くを自動化することによって行います。結果的に資産利益率を最適化します。

予測型資産管理とメンテナンス

エンドツーエンドのAI/ML予知保全モデルを通常のビジネスシステムに組み込むことで、運用効率を最大限に高め、障害の発生をすばやく予測します。障害発生の予測精度を高めることで、機器のダウンタイムと運用コストを削減します。

詳細はこちら

保守計画

保守および安全性チェックの定期的なスケジューリング、および現場からのレポートに基づく再スケジューリングの要求を自動化します。

資産の更新

エンジニアが現場の記録を更新し、複数のバックオフィスシステムを自動的に同期して、正確さと一貫性を確保し、SLAを維持できるようにします。

在庫確認と発注管理

商品の在庫状況を照合し、サプライヤーへの発注を自動化することにより、プロセスの所要時間を短縮し、遅延を防ぎます。

予測

エネルギーグリッド全体のIoTセンサーとデバイスから膨大なデータセットを収集して集約し、予知保守と予測を行えるようにします。

円滑な請求および支払サービスを作成

顧客は、サービスに対する正確な請求と簡単な支払方法を期待しています。検針結果データを元にした請求業務の自動化のようなシームレスな支払い方法を実現するためにレガシーアプリケーションやサードパーティアプリケーションを統合するには、開発コストがかかりますが、インテリジェントオートメーションは、このような課題に対するソリューションになります。

メーター読み取り値の照合

スマートメーター、顧客、サードパーティのメーターリーダー、推定値など、複数のソースからメーター読み取り値を自動的に収集します。

請求例外管理

メーターの測定値は複数のソースから取得されるため、データが一致しないこともめずらしくありません。公益部門は例外事象の調査を自動化することで、請求エラーや顧客エクスペリエンスの低下を防ぐことができます。インテリジェントオートメーションを利用して、最も信頼性の高いメーター読み取りソース確認し、基幹請求システムに修正を適用することができます。

使用状況の確認機能

インテリジェントオートメーションは、使用量が異常に多い、またはマイナスになっているアカウントを確認し、エラーを訂正したり、詳細情報を請求したりします。

モバイル決済調整

顧客が簡単に支払えるよう、従来の請求システムをサードパーティのモバイル決済アプリケーションと統合します。デジタルワーカーは、モバイル決済からデータを取得し、基幹の請求システムを更新し、手動の介入なしに決済を調整します。

回収コストの低減

エネルギーおよび公益事業者は、期限超過の債務を最小限に抑えることで、事業の健全性を保ちます。回収プロセスの合理化は、不良債権を低減させ、それに関連するコストを削減し、顧客体験を改善するために不可欠です。

回収訪問の更新

回収人が、訪問ステイタスと債権回収が成功したかどうかに関する情報を更新すると、デジタルワーカーはこの情報を取得し、手作業や再入力による誤りを生じさせることなく、すべてのシステム登録情報を自動的に更新します。

ケースファイルの準備

回収作業を進める前に、インテリジェントオートメーションを活用して、信用情報サイトの検索などを実施して、顧客情報を収集することができます。この自動化された検証により、エージェントの不必要な訪問を減らし、稼働の無駄をなくします。

組織のコンプライアンスリスクを軽減

規制の変更に対応し、準拠することは簡単なことではありません。デジタルワーカーは、既存の規制SLAに対するための時間を短縮し、新しい規制にもすばやく対応しながら、変更が運用コストにもたらす影響を把握するのに役立ちます。

規制準拠

新しい規制プロセスを当初から自動化します。トレーニングにかかる人的コストと負担を削減し、最初からデジタルワーカーを使用できます。人にかかる負担を低減させ、時間を短縮します。

監査

社内レビューを自動化し、潜在的なコンプライアンス上の問題を事前に特定することで、100%の監査証跡とコンプライアンスを確保します。

パフォーマンス報告

デジタルワーカーは、データを収集してレポートを作成し、規制のパフォーマンスとSLAを示します。

インパクト評価

規制が運用コストに与える影響を規制の前と後で自動的に測定します。

サプライヤー管理の改善によるパフォーマンスの向上

サプライヤーとの複雑な関係を維持して管理することは、効果的なサプライチェーンと効率的な生産にとって不可欠です。インテリジェントオートメーションにより、公益事業者は、サプライヤーポートフォリオを監視し、パフォーマンスの最適化、費用対効果の改善、規制要件の準拠などを確実に実施することができます。

サプライヤーオンボーディング

デジタルワーカーは、承認されたサプライヤーを正確かつ効率的にセットアップするために必要なデータと文書を収集します。

パフォーマンス管理

デジタルワーカーは、サプライヤーのパフォーマンスを契約上のサービスレベル契約(SLA)に照らして測定し、問題を早期に浮き彫りにし、必要に応じて対処できるように適切なデータを収集します。

契約管理

正確かつタイムリーなサプライヤー契約を作成し更新します。さらに、契約の再交渉に十分な時間を確保するために、更新期日を監視し、事前に警告します。

コンタクトセンターの変革効果

インテリジェントオートメーションは世界中のコンタクトセンターに導入効果をもたらし、投資費用の迅速な回収を可能にしています。

顧客はこれまで以上に、自分に最適化されたサービスを求めています。Blue Prismを導入することで、顧客ごとに最適化された体験を迅速に提供できるようになり、顧客維持と売上増加が可能になります。

コンタクトセンターの自動化でどれほどの効果が得られるか計算してみませんか?

効果を計算する

エネルギー・公益事業関連のリソースをもっと見る

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.