ヘルスケアとライフサイエンス

インテリジェント オートメーションで、患者第一主義を貫く

患者ケアの新時代はここから始まる

世界中の何百ものヘルスケア組織が、インテリジェントオートメーションによって患者第一主義の業務を行っています。

Healthcare campaign 440x303

なぜ自動化なのか、なぜ今なのか。

世界の患者ケアでは、新しい枠組みが採用され始めています。デジタルサービスの実現、治療に関する統合基盤の構築、持続可能な財務の確保などは、いずれも現代の医療システムを支える柱であり、業界が進化し続ける中、患者の治療体験を向上させることが最重要の課題になっています。

Blue Prismは、ヘルスケア分野のトランスフォーメーションの最先端にあり、RPAを超えたインテリジェントオートメーションを提供することにより、組織の優先課題を戦略的に解決し、スタッフの支援と卓越した治療体験を実現しています。

Blue Prismのデジタルワーカーは、チームをサポートし、システム間の連携や患者のアシストをすることで、拡張性や柔軟性、セキュリティを重点に置いた新時代の治療体験の実現に活用されています。

インテリジェントオートメーションで組織全体の課題を解決

Blue Prismが貢献する分野

患者の治療体験
患者の治療体験 相互運用性とデータ管理 財務の持続可能性 柔軟性と敏捷性 スタッフ満足度 集団管理と統合ケア

世界水準の治療を提供

医療提供者に対する患者の期待はますます高まっています。サービス向上の方法には、サービス窓口のデジタル化、よりカスタマイズされた連絡の提供、あるいは臨床医とのコミュニケーション方法の改良などが考えられますが、患者は常に情報や必要なサービスをすばやく得たいと望んでいます。

新しい患者対応モデルの構築

患者に自分に合った方法でケアを始める自由を提供できます。デジタルワーカーは、セルフサービスポータルやセルフチェックインキオスクなどによって、患者が書類の記入や待合室で過ごす時間を短縮できるようにし、より便利な方法で治療を受けられるように支援します。

詳細はこちら

患者の手続きの迅速化

自分の治療に関して情報を欲しくない患者はいません。しかし、患者の手続きが遅れ、患者が治療の情報を得られないということがよくあります。デジタルワーカーを可溶することにより、紹介、請求、診断その他の手続が適切なタイミングで完了し、患者が必要とする結果を迅速に提供することができます。

サービスとコミュニケーションの標準化

患者の治療において、患者への対応の形式と態様を同じにすることは重要です。ICS全体で業務を標準化することで、患者が円滑な治療を受けられるようになり、どの段階においても最新の情報を共有しながら治療が開始できるようになります。

コンタクトセンターの自動化

簡単な問い合わせを自動化し、患者データのソースを一元化することで、コンタクトセンターのチームの対応が向上します。これにより、エージェントは時間のかかる作業から解放され、患者からの問合せ対応に集中できるようになります。また、患者も電話で用件を短時間で済ませることができます。

異種システムの課題を解消

バックオフィスは、患者の手続きを行う原動力です。患者の治療体験を支えるのは、バックオフィスにおける正確かつ効率的なデータ移動です。しかし、業務が複雑になるにつれ医療機関の運用コストは増大し、患者の待ち時間は長くなり、スタッフの不満が募るようになることが分かっています。

分断されたシステムとの接続

デジタルワーカーは、人と同様にAPIを必要とせずにシステムにアクセスし、新旧のシステムを簡単かつ迅速に接続できます。

紹介業務を簡単に管理

複数の関係者やタッチポイント間での作業は複雑さを増すばかりです。その複雑さが患者の治療体験を損なうこともあります。デジタルワーカーを使うことで、プロセスを効率化し、流れが分断されないようにできます。

手作業や紙のプロセスからの脱却

煩雑な管理タスクからスタッフを解放できます。それと同時に、デジタルワーカーが各システムを連携することで書類の印刷やスキャンが不要になり、チームのフリーペーパー化が進みます。

医療費請求管理の自動化

インテリジェントオートメーションにより、数週間かかっていた数千件の請求を数時間で処理し、請求処理時間を短縮し、患者やプロバイダーが切実に必要としている支援を提供し、未払請求数を削減できます。

財務の持続可能性の確保

コストの削減、財務効率の向上、新たな収入源の開拓は、すべて、望ましいサービス水準を満たし、維持するために重要です。このためには、運用コストを抑え、プロセスを効率的に実行し、新しいアイデアを迅速に導入しなければなりません。

需要に合わせた柔軟な労働力配置

需要のピークに合わせて既存のリソースを柔軟に活用できるため、アウトソーシングや超過勤務などのコストを削減します。同時に、既存スタッフのスキルが足りない部分を埋め、チームがより効果的に連携することができます

既存プロセスの最適化

非効率なプロセスが運用コストを増大させることはよく知られています。インテリジェントオートメーションにより、既存のプロセスを合理化して最大限の効率で運用し、将来のプロセスも同様に進めることにより、バックオフィスにおけるコストを削減できます。

新規または拡張サービスの導入

デジタルワーカーを活用することで得られるリソースの効率化により、新たに人員を増やしたり、新しいシステムを導入したりすることなく、利益を生むサービスの追加を検討できます。また、インテリジェントオートメーションにより、既存サービスに新規サービスを追加して、新たな収益源を生み出すことも可能です。

収益サイクルの強化

承認からコーディング、送金までの全過程で、収益サイクルに無駄なコストがないことを確認できます。また、デジタルワークフォースを活用することで、チームはケアコストを回収し、支払責任や適格性に関する混乱を取り除けます。

敏捷性と柔軟性を運営の中核に取り込む

組織の競争力を将来に渡って維持できるようにすることが、かつてない程重要になっています。堅牢で敏捷なバックアッププランを準備し、あらゆる課題を乗り越え、患者治療サービスの提供方法を迅速に切り替えられるようにしておくことは、医療機関の新たな目標です。

需要に応じて即座に展開できる労働力

発生した需要に応じて、必要なときに、必要なだけリソースを割り当て、チームのスキルを強化します。デジタルワーカーを活用すれば、曜日や時間を問わず、患者にサービスを提供できます。

新しいプロジェクトを迅速に立ち上げる

意思決定に従って迅速かつ確実に行動を起こし、スイッチをオンにするだけで即座に新しいプロセスを自動化できます。新しいプロセスの導入や新しいシステムの統合、患者のデータを1つのシステムから別のシステムに移行するなどの作業は、デジタルワーカーが代わりに行い、迅速に処理します。

設計、展開、再利用

インテリジェントオートメーションにより、部門やサービス全体のプロセスを標準化し、一元化されたガバナンスを適用できます。また、他の場所に同様のプロセスがある場合は、自動化オブジェクトを再利用して新しいプロセスを素早く立ち上げることができ、ガバナンスフレームワークへの適合も確保されます。

Celonisで自動化を最適化

Celonis Automation Optimizerは、どのプロセスを自動化するかという最初の決定から、実装、運用の監視と拡大に至るまでを効率化します。

詳細はこちら

患者をサポートするスタッフのサポート

どの業界においても、優れた顧客体験を実現するためには、従業員も満足している必要がありますが、ヘルスケアについてもまったく同じことが言えます。スタッフが好きなことに集中できる時間を確保したり、多様なスキルを持つスタッフを病棟に配備したりするためには、仕事を完了するための時間、活力、リソースがチームに備わっていることが不可欠です。

採用とオンボーディングにかかる時間を短縮

新しいスタッフの採用やオンボーディングに伴うシンプルな作業を自動化できます。オファーレターの発行から社内システムの更新まで、45分かかっていた処理時間がデジタルワーカーによって1分に短縮されることが実証されています。

患者治療のための時間を取り戻す

医療機関にとって事務作業は最重要業務ではありませんが、スタッフの時間を奪っています。日常的なシステム更新やデータ処理業務をデジタルワーカーに任せることで、スタッフは本来の仕事である患者への対応に専念できます。

人員不足への対処

世界の医療機関では人員不足が長年の課題となっていますが、自動化によってその穴を埋めることができます。AI機能を備えたデジタルワーカーは、病院システムにおける人間のスタッフのアクションを模倣し、人手不足で手が回っていなかったタスクを引き受けることができます。

コンタクトセンターの自動化

簡単な問い合わせを自動化し、患者データを一元化することで、コンタクトセンターのチームの対応が向上します。その結果、エージェントは患者からの問合せ対応に集中できるようになり、患者は電話での回答を待つために貴重な時間を費やさずに済むようになります。

集団の健康を維持し、業務を円滑に進める

集団健康管理と統合ケアは、国際的に重要性を増しています。パンデミックにおいては、他の公共サービスと連携して人々の福祉と健康の結果への責任を共有することの重要性が示されました。

データを活用する

地方自治体やサービスを含め、患者のさまざまなタッチポイントからデータを収集し、集団の公共福祉に実用的な知見を提供します。

知識の共有と連携

患者データを関連システム間やさまざまな関係部署間で共有することによって、医療従事者は、患者が病院を去った後でもその患者の健康を維持するための、統合された健康および社会的ケアプランを作成できます。

部門を横断した治療情報の標準化

すべての患者への対応について、組織全体で同じ品質基準を維持できるようにします。ICS全体で業務を標準化することで、患者が包括的かつ連携した治療を受けられるようにします。

ワクチン接種の展開をエンドツーエンドで管理

IBIワクチン管理プラットフォームは、COVID-19ワクチンの製造、流通、投与に携わるすべての人のために設計されており、これを活用することで、ワクチンがどこで製造され、どこに流通し、どこでどのように投与されるかといった、ワクチンのサプライチェーン全体をリアルタイムに把握できます。

詳細はこちら

NHS経営陣は、長期的な計画を達成するために自動化を利用しています。

HFMAの最新の共同レポートにおいて以下のように説明されています。

自動化の影響を組織全体に広げるためには、デジタルワーカーが組織のデジタル戦略に含まれている必要があり、自動化を戦略のレベルで検討し、促進することが必要です」。

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.